雑学

俺イズム満開! ホストがモデルのファッション誌

【ホスト系】
 キャバ嬢をモデルに起用した『小悪魔ageha』が話題を集めているが、実は『ホストナックル』『メンズスパイダー』といったホストをモデルに起用したファッション誌も登場している。

 両誌ともホスト雑誌だけあり、自慢のフェラーリやベンツを紹介する愛車自慢やら、シャンパンコールの実演講座やら、バースデーイベントのレポートやら……もうこのご時世に超バブリー!

 カリスマホストたちのお部屋紹介も人気企画のようで、彼らのゴージャスかつラグジュアリーな暮らしぶりを拝見させていただける。しかし、なぜか登場するホストは皆、ベッドに横たわりパンツ一枚で裸体を披露! 『メンズスパイダー』では「俺はシンプルな生き方しか知らない、だからここに棲んでいる」「見届けてくれ、この部屋には俺の生き様が染みついているから」なんて香ばしいコピーも添えてあり、俺イズム満開だ。

 そんな”美”の求道者であるホストたちにとって、もはや化粧は当たり前。ファンデやアイライナーを使ったメイク企画を、当然のごとく行っているのである。

『ホストナックル』の盛り髪講座では、ホストたちがヘアアイロン片手にアンニュイな表情を見せる中「、”愛”を映す永遠の彼方へ、この”黒”が俺たちを連れてゆく!!」「人類創世の時代から、俺は、お前のためだけに輝き続ける鮮やかなりし羽根!!」なんてキャッチコピーが。後者は「燃え揺れる蜃気楼をテーマに創られた」ヘアのコピーらしいけど、凡夫には理解不能。ま、荘厳なニュアンスだけは嫌というほど伝わってくるけどね。

 もちろん、ファッションページのキャッチコピーはさらなるハイステージへ。『ホストナックル』の「この脱力カジュアルはハリウッドスターの休日クラス」「蝶を惑わす夜光虫はホスト流のマリンカラー」などは一応ファッション誌っぽいワードが入ってるけど、「男の色気という色気が俺を媒介にして融合する」となると、もうファッションとかいう次元を超越してらっしゃるご様子。

『メンズスパイダー』の「神に刃向う堕天使のようにラフで悪戯な装いを」「月夜に輝く海の碧を纏うのは、夜帝の末裔か」は中世貴族が詠むポエムのよう。かと思えば一転、「黒蛇のポイズンは甘美だが危険なんだぜ」「このモテぶりは、法律で禁じるべきだぜ」「オレの1秒は、お前の1年分の価値がある」「最も優秀な霊長類の子孫が欲しんだろ?」など、徹底したオレ様発言もドロップ!

日記はやめた、モテ自慢ばかりになっちまうから」「救急車通ったろ? 俺に失神した女が乗ってるよ」「毎朝鏡の前で思う、オレは完璧すぎると」「この美貌は核にも匹敵する強力な兵器だぜ」とくれば、もうハリウッドスターも裸足で逃げ出すしかありません。そしてついには「世界が俺にマイケルの遺志を継げと願ってる」とまで言いだすブッ飛びぶり。この自信に満ち満ちたホストマインド、ぜひ見習わせていただきたいっス!

ハッシュタグ




おすすめ記事