気難しい上司の特徴とは?

部下目線からの上司管理術を解説した『上司取扱説明書』が人気の人材コンサルタント・藤野祐美氏が、簡単には「YES」と言わない上司のタイプを6パターンに分類。上司の性格を押さえ、タイプ別に攻略せよ!

【完璧型上司】
口癖:そうじゃないんだよなぁ

オレ流上司。自分のやり方を強制はしないが、妥協も絶対しない。有能であればまだマシなのだが、たいていの場合は、仕事の本質的な部分ではない瑣末なこと(書類の置き方など)にばかり独自のセンスを発揮。ファンになったつもりで、染まることが肝要

【混沌型上司】
口癖:1時間前なんて過去だし

まったく自分というものがないため、言ったそばから手のひらを返すクセ者。朝令暮改は当たり前、状況次第では「そんなこと言ってない」と過去までねつ造する。被害を最小限に抑えるためにも、ファイルをこまめに上書き保存するように細かく言質を取っておくべき

【先送り型上司】
口癖:どっちでもいいよ

責任は取りたくないが、部下にも嫌われたくない。その結果、指示を仰ごうにも、のらりくらりと要領を得ない返事ばかり返ってくる。決断を避け、決定をギリギリまで引き延ばすのも特徴。問題を簡略化することで、口を滑らせるように仕向けよう

【介入型上司】
口癖:ねぇねぇ、◯◯ちゃん。あの件どう?

お節介なおばちゃんタイプ。他人のやっている仕事に何かしら口を出したがる、いわゆる“いっちょかみ”。たいしたことは言わないくせに、自分の手柄面するはた迷惑な存在。鬱陶しいことこの上ないが、無視すると余計意固地になるので、割り切って仲良くなろう

【攻撃型上司】
口癖:俺の言ったとおりやればいいんだよ

「オレ流上司」の完璧型に対して「俺様上司」。基本的に部下の意見にはまったく耳を貸さず、自分の思い通りに動かなかった場合は激昂したりする。部下の手柄はすべて自分のもの。体育会系の職場に多い。表面上はおだてておき、外堀から埋めていってしまおう

【不在型上司】
口癖:……

危険察知能力、危機回避能力に特化した小動物系上司。面倒事が自分の身に振りかかりそうな気配を鋭敏に感じ取り、的確に行方をくらます。事が起きたときには、すでにデスクはもぬけの殻。平時にいかに不意を打って提案するかが重要。軽く持ちかけるのも大事

【藤野祐美氏】
Y’sオーダー代表取締役。コニカミノルタ、P&Gなどを経て独立し、人材開発・組織開発コンサルタント事業を展開。著書『上司取扱説明書』が話題に

― 無理難題に「YES!」と言わせる 目からウロコの交渉術【2】 ―

上司取扱説明書

ダメ上司に泣く、すべての働く部下へ捧ぐ。

ハッシュタグ




おすすめ記事