恋愛・結婚

非モテ男を脱出するには「女友達を30人作れ」。最速で作る方法とは?

 中高時代の4軍男子(非モテ)から這い上がった経験をもとに恋愛をロジカルに分析するコラムニスト、堺屋大地です。

 恋愛コラムではモテ指南として、女性の口説き方(女性とのコミュニケーション方法)を学びましょう…なんて紹介していますよね。まぁだいたいそこに書かれている方法に間違いはないんですが、“そもそも論”ですっぽり見落とされてることがあるんですよね。

そもそも、モテない男のまわりには恋愛対象になる女性が少ない

 これです。

逆ルート

“女友達を増やす”=“恋愛対象の分母を増やす”ことが重要


 もちろんゼロではないでしょうから、例えば職場で身近な仕事仲間の女性が数人いたりすることはあるでしょう。ただ周りに3人の女性がいたとして、その3人のうちの誰かと恋愛関係を発展させようとするのって、実はかなりハードルが高いことなんですよね。

 だって、その3人の女性のうちの誰かと相性バッチリで、男性として魅力的に感じてくれないといけないわけですから。

 一方、仮に30人の女友達がいたらどうでしょう? 30人いれば誰かしらと相性は合うでしょうし、魅力的に感じてくれる人も出てきそうじゃないですか?

 要するに、必死になって女性とのコミュニケーション能力を磨く努力をするよりも、“女友達を増やす”=“恋愛対象の分母を増やす”ことのほうが、よっぽどモテに対するアプローチとしてのコストパフォーマンスが高いんです!

“女友達が多い男友達を作る”ことが彼女作りの最短ルート


 では、どうすれば女友達を30人作れるのでしょうか?

 よくある恋愛コラムで“出会いの場”として、街コンに行けとか、相席居酒屋に行けとか、言われてますよね。まぁ間違ってませんが、そういう場ってモテない人にとってなかなかハードル高いもの。

 合コンに呼ばれれば出会いもあるでしょうが、そもそも合コンにあまり呼ばれなかったり……。地域のコミュニティが形成されているような近所のバーや飲み屋に行くという手もありますが、見知らぬ他の客(女性)に声を掛けるのはナンパみたいで難しい……。

 いきなり女友達を30人作れって言われても、それはそれで相当難しい。

 では、どうすれば女友達を増やせるか?

 その答えは【女友達が多い男友達を作る】、これです。

 イケメンな男友達、顔が広い男友達、アクティブな趣味を持つ男友達…etc.

 まぁひと言で言うと、リア充っぽい男と友達になれ、ってことです。例えば、イケメンの男友達は合コンに誘ってくれるかもしれません。顔が広い男友達は彼の女友達のバースデーイベントに誘ってくれるかもしれません。アクティブな趣味を持つ男友達は男女が集うバーベキューに誘ってくるかもしれません。

BBQ

※画像はイメージです

 女友達が多い男友達を作れば、自然に自分にも女友達が増えていくものなんです。

コミュ障気味でも彼女作りよりは男友達作りのほうがラク!


急がば回れ」ということですね。

 恋人が欲しいからといって、いきなり数少ない周囲の女性に恋愛アプローチしても実りません。じゃあ女友達を増やそうと思っても、非リア充男性にとっては女友達を増やす術がない。

「恋人を作る」というゴールに猪突猛進するのではなく、そのゴールに至るまでのルートを逆算する必要があるというわけです。

【恋人を作る】

【そのために恋愛対象の分母(女友達)を増やす】

【そのためにリア充な男友達を増やす】

 ということ。

 恋愛慣れ、女性慣れしていない非モテ男性でも、男友達を増やすことはそれほどハードルは高くないですよね。コミュ障気味でリア充男性と会話をするのも苦手という人もいるかもしれませんが、それでも女性とコミュニケーションを取るよりはよっぽど心理的ハードルは低いはず。

 だって、リア充男性だからといって、根っこは同じ“男”。

 例えば美味いラーメン屋の話題とか、野球や釣りの話題とか、アニメやマンガの話題とか、好きなAVの話題とか、そういう他愛もない会話で仲良くなればいいんですよ。<文/堺屋大地>

恋愛をロジカルに分析するコラムニスト。中高時代の非モテ経験をバネに、どチャラく成長。現在は非モテマインドとチャラい経験則を融合させ、真摯に恋愛を分析。『女子SPA!』、『citrus forスゴ得』などでもコラム連載経験あり。LINE運営の『トークCARE』にて恋愛カウンセリングも行っている。





おすすめ記事