スポーツ

森保ジャパンの主役は堂安律だ!…ヒデ、本田の系譜を継ぐ20歳

 順調な船出をした森保ジャパンに新星が現れた。日本が初めてW杯に出場した’98年に生まれた20歳は、東京五輪、カタールW杯と新たな歴史を刻む。

堂安律

「先にパフォーマンスを考えた」と堂安が笑う、コスタリカ戦・59分のGKと1対1となった“決定的な”シュートシーン

10代で海外移籍。恐れを知らぬ物言いの“マラドーアン”


 コスタリカ代表戦(9月11日、大阪・吹田)に3-0と快勝し、森保一監督(50歳)就任後の初陣を白星で飾ったサッカー日本代表。そのコスタリカ戦のベンチに座った22人のうち、ロシアW杯を経験していた選手はわずか4人だった。東京五輪世代(’97年1月1日以降に生まれた選手)3人を含む7選手を初招集した新生・日本代表は指揮官の狙い通りに若手が躍動し、これ以上ないスタートを切った。

 なかでもひと際注目を集めていた選手といえば、昨季オランダ1部リーグのフローニンゲンで29試合出場9ゴールと結果を出した堂安律(20歳)だろう。日本人選手がヨーロッパでプレーすることが珍しくなくなった現在でも、10代で海外移籍し、成功した例はほとんどない。だが、昨夏、ガンバ大阪からオランダ北部のスモールクラブへ移籍したレフティーは、キレのいいドリブルや積極果敢なプレーを武器に1年目から不動の地位を確立。森保ジャパンの初陣に最年少でスタメン起用されただけではなく、その森保監督が兼任監督を務める2020年東京五輪のエース候補として大きな期待がかかっているのだ。

堂安律

古巣の吹田スタジアムでの森保ジャパンの初陣に、最年少で先発に抜擢された堂安(21番)

 コスタリカ戦では、’16年リオ五輪に出場した中島翔哉(24歳、ポルティモネンセ)と南野拓実(23歳、ザルツブルク)とともに攻撃的MFとして先発し、右サイドで85分までプレー。前半は緊張感からか守備に追われる場面もあったが、後半になると随所に持ち味を発揮。ゴールこそなかったものの、今後が楽しみなことを印象づけた。

「自分の特長でもあるゴールという結果が出せなかったのは反省点ですが、チャンスは2本くらいありましたし、ラスト20分くらいは視野も広がり“ゾーン”に入っているような感覚もあって、言い方は悪いですが、相手をおちょくるようなプレーもできました。85分もプレーできるとは思っていなかったですし、楽しかったです」

ゴールに入れる前にパフォーマンスを考えた


 堂々としたプレー同様、初代表を「楽しめた」と話すあたりに大物感を漂わせる堂安。そして、オープンな性格とともに20歳とは思えないコメント力にも舌を巻く。

 コスタリカ戦の59分にGKと1対1となり、左足で放ったシュートがGKの腕をかすめラインぎりぎりで相手DFのクリアに遭ったシーンがあったが、その場面について試合後の取材エリアで聞かれるとこんなふうに答えていた。

「あそこはGKが倒れると思ったので、チョンって(浮かして)観客が黙ってシーンってした中でゴールに入っていくイメージだったんですけれど……。(ゴールに入れる前に)パフォーマンスを考えてしまいました(笑)」

 決め損なったゴールも笑い飛ばせるところに、堂安の可能性を感じたのは気のせいではないだろう。

次のページ 
イメージ通りに実現した海外移籍

1
2
3





おすすめ記事