R-30

年収700万円台から自己破産に陥った男「2年後の年金まで耐えるしかない」

いま、定年後に、引き上げられた年金受給まで耐えられずに破産する「定年破産」が増えている。背景にあるのは役職定年や定年再雇用による賃金の低下、さらに晩婚化で住宅ローンや高い教育費が60歳をすぎても重くのしかかる。70歳まで普通に働いても、人生100年時代を乗り切ることはできないのか。世間の“普通”が揺らぐ!

経営難で退職金が大減額!住宅ローンが払えずに破産

…桑原 徹さん(仮名・63歳・金属メーカー)
定年破産

※写真はイメージです

「10年前、経営悪化により会社の退職金規定が改悪され、もらえる退職金が1800万円から1000万円と45%も減額。これで人生設計が狂ってしまいました……」  そう嘆くのは、2年前に自己破産を経験した桑原徹さん。20年前、5000万円で購入した都内のマイホームを失った。 「45歳でボーナスカット、55歳で役職定年により全盛期の約半分の年収350万円に。生活水準を下げて耐えていましたが、役職定年で手取り20万円以下に落ち込んでしまって……。年齢的にも転職は難しく、病気で倒れた妻の治療費が家計をさらに圧迫。退職金を住宅ローンの返済に充てても残債は1200万円あったので……」  息子は起業に失敗して多額の借金を抱え、同居を求めるも嫁が頑なに拒否。嫁いだ娘も夫の実家暮らしで、頼れなかったという。 「自己破産してすべてを失いました。ただあと2年たって65歳になれば年金がもらえる。年250万円程度で困窮した生活に変わりはないですが、もらえないよりは、マシ。現在は公園の清掃などをして月10万円で生活。妻の医療費もかかるため極貧ですが、今は耐えるしかありません」 <取材・文/週刊SPA!編集部> ※週刊SPA!5月21日発売号「定年破産する人の共通点」特集より
週刊SPA!5/28号(5/21発売)

表紙の人/ 永瀬 廉(King & Prince)

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!


ハッシュタグ




おすすめ記事