恋愛・結婚

ファンに手を出しかけた芸人に待っていた地獄。「私の体はどうするの?」

 お笑い芸人やミュージシャンが「ファンを食う」といった行為はよくあるそう。だがファンの中には当然、厄介で面倒なタイプも存在する。
不倫

写真はイメージです(以下同じ)

 以下は、ファンの女性と一線を超えてしまいかけたお笑い芸人のAさん(男性)の体験談。ちょっとした出来心がきっかけで、仕事に影響を及ぼしかねない事態にまで発展してしまったのだ(個人の特定を防ぐために一部脚色)。

SNSで積極的にファンと繋がった結果

 Aさんは、ライブを中心に活動するコンビのボケ担当で、腰まで伸ばした長髪がトレードマークになっている。ライブに出演するごとに集客を増やし、出待ち入り待ちのファンも増えてきていた。さらに集客を伸ばそうとSNSにも力を入れ、応援してくれるファンも、どんどんフォローしていった。 不倫 そんなある日、AさんのFacebookのメッセンジャーに、ファンの女性Mさんからメッセージが届いた。そこには「ファンがこんなことしちゃいけないとわかっているんですが、相談に乗ってもらえませんか」とあった。  はじめは無視するわけにもいかなかったので相談に乗っていた。しかし徐々に、Mさんからの相談は「Aさんのことが好きだ」という向きに変化していく。女性に好かれて嬉しくない男はいるはずもなく、Aさんにも下心が芽生え始めたという。  実際に会うことこそなかったものの、メッセージはエスカレートしてピロートークのような(だけでなくかなり性的な)やりとりになり、近いうちに会って、「そういうこと」に及ぶ約束まで取り付けていた。

妻がいるとバレたきっかけは写真だった

 数日後、Aさんが仕事を終えてスマホを見てみると、Mさんから大量のメッセンジャーでの不在着信。悪い予感に襲われたAさんはすぐに折り返し電話をする。すると電話口から「ギャー!」という音が割れるほどの叫び声。そして次の瞬間「奥さんいるでしょ」というMさんの低い声。  そう、Aさんは妻帯者だったのだ。女性ファンもいたことから、それを明かさずに活動していた。  知らぬふりでかわそうとしたAさんだったが、Mさんは証拠を持っていた。「Facebookで見つけたんだから。あんたが前にアップしてた写真の後ろに写ってる壁紙と同じのが、その人のアップしてる写真にも写ってた。他にもあんたが家で撮った写真の背景に写ってるのと同じものが、その人の写真にでてきた」 不倫 Aさんと奥さんはFacebookでは繋がっていないが、Mさんは探し回っていたのだ。仕方なく、事実を認めたAさんだったが、恐怖はそこからだった。「今から、メッセンジャーで奥さんに電話する」と言い出した。勘弁してくれというAさんの懇願虚しく、許してくれる気配がない。 「私だけ傷ついて、あんたは奥さんにも黙って傷つかないなんて許せない」という。まあごもっともだ。Aさんは観念して「自分から妻に言う」と約束し、その場を収めた。奥さんは夫の告白に、怒りと呆れの同居した反応を示したが、三日三晩にわたる謝罪と二度とMさんと連絡を取らないという事を約束をして、なんとか許しを得られたのだという。  そしてAさんは、最後にMさんに連絡し妻にすべて話した事を伝えた。  これにて一件落着。と思ったがそれは大間違いで、翌日にMさんからメッセージが来た。「私の気持ちと体はどうするの?」。第二幕の開演である。
次のページ 
~第二幕~私が満足するまで私とやりなさい!
1
2





おすすめ記事