巷に存在する[復縁屋]の実態とは?

巷に存在する[復縁屋]の実態とは?

◆業者を使っても、色恋の復活劇だけは一筋縄ではいかない!?

 一時、「別れさせ屋」という職業が話題になったが、最近は「復縁屋」なる業者も存在するという。復縁工作を手掛ける「探偵バー アンサー」 の代表に、復縁屋の実態について聞いた。

「確かに女性の依頼者は少なくありませんねえ。『工作』というと怪しげに思う人もいますが、復縁工作とは、依頼者が復縁したい相手が抱く、依頼者に対する悪いイメージをいいものへと変えていくだけの作業です。そのためには、偶然を装い接点を作り、相手の人間関係の輪の中に入り、知人から友人へと関係性を深めていくしかない。善意の第三者の親しい関係でなければ、過去の恋愛話などしてくれないでしょうし、こちらの言葉に耳を傾けてくれません。かなり長くて地道な作業なんですよ」

 料金の相場は、下表のように決して安いものではない。

「プロ数人が長期間仕事をするわけですから、料金は高額になります。ただ、ウチでは随時成果を確認し、次に進むかを依頼者に決めてもらっています。気に入らなければ、そこで工作は終了です。費用も行った分しか、かかりません」

 だが、高額料金からトラブルになる業者もあるという。業界事情に詳しいA氏はこう明かす。

「着手金は工作開始時に一括で支払うことが多いが、詐欺まがいの業者は、この着手金だけもらってまったく働かないことがある。また高額の成功報酬制にしても、一見、成功時の報酬のために頑張ってくれそうですが、これとて業者にすれば成否にかかわらず、着手金は確実にもらえるから、それだけでも十分なわけです。さらに、3か月完全パック料金を謳う業者にしても、依頼者からは『これ以上お金が掛からない』ように見えるが、内実は同じです……。動いても動かなくても、料金がもらえるなら、動く人間なんていませんよ。結局、契約書に返金の規定がある業者ならまず安心だが、そんな業者は少ないのです」

 依頼者が訴えてきそうだが、

「依頼者は、業者まで頼んで復縁していることを隠したがる。ましてや、復縁を望む相手にはバレたくない。結局、泣き寝入りする人がほとんどですね」

「別れ」を修復する厄介な仕事だけに、プロといえども絶対復縁できるとは限らないようだ。

【復縁工作の料金相場】
・1か月
着手金:30万~50万円  成功報酬:20万~30万円

・2か月
着手金:80万~120万円  成功報酬:30万~50万円

・3か月
着手金:150万~200万円 成功報酬:30万~80万円


― 急増する!?[復縁したがり女子]の生態【7】 ―




おすすめ記事