恋愛・結婚

好きだけど抱けない…セックスレスに陥ったカップルの複雑な事情

 夫婦や恋人の間では、人知れず様々な問題を抱えていることも少なくない。そのなかでもなかなか他人には相談しにくく、解決の糸口を見つけにくい問題が「セックスレス」ではないだろうか。パートナーのことは大好きだけど、性的な対象として見れなくなってしまった、なぜかそういう気分にはなれない、という男性も多いのだ。
ベッド

※画像はイメージです(以下同)

 筆者は以前、細い子がタイプという男と付き合ったときに、再三ダイエットをするように言われたが、無視し続けた結果「お前のこと抱く気しねぇわ」と告げられ、実際セックスレスになってヘコんだ経験がある。今回は他人ごとではない、男女それぞれの複雑な事情を紹介したい。

性的な対象ではなく、家族の関係になってしまった

 フィットネスジムでインストラクターとして働く慎吾さん(29歳・仮名)は現在、恋愛に対してすっかり自信を失っている様子。過去に4年付き合った彼女と1年半セックスレスだったことから別れにつながり、トラウマになっているそうだ。そのいきさつをこう話す。 「彼女とは、僕の働くジムで出会いました。彼女にマシンの使い方を教えたりする機会が多く、だんだん『カワイイ子だなぁ』って思いはじめた頃に、LINEのIDを聞かれたのがきっかけで付き合うようになりました」  交際が半年を過ぎた頃、結婚を視野に入れ同棲もスタート。年齢も近く、趣味や思考も似ていた二人の生活は順調そのものだった。だが、衣食住を共にする時間が長くなるにつれて彼女に対する見方が変わってきてしまったという。 「完全に“家族”になっちゃったんです。キスやハグはするけど、性的な対象ではなくなってしまった。かといって、浮気したいわけでもなければ、他に好きな子ができたわけでもない。別にセックスがなくても寂しくないし、不満なんてなかったんです。彼女もそうだと思ってましたが……」  セックスレスが10か月ほど続いたある日、彼女から急に“お誘い”があったそうだが……。 ベッド「キスだけして寝ようって言いました。しかし、彼女は納得していない様子でした。彼女のことは本当に大好きだし、結婚も考えていたけど……セックスはちょっと違うんじゃないかと。だから、それ以外の部分、例えば僕が家事を多めにやるとか、記念日を大切にするとか、旅行に連れていくとか、そういうのは結構、頑張ってましたね」  そんな慎吾さんの頑張りも虚しく、セックスレスから1年半が経った頃に別れが訪れた。 「帰ったら彼女の荷物が全部なくて、置き手紙に『今までありがとう』ってありました。絶対に別れたくなかったから、何度も電話したりLINEしたりしたけど、『もう無理だよ』としか言われなくて。もう別れて2年が経つけど、まだ忘れられないです」  慎吾さんがこの話を、既婚者や付き合いが長い彼女がいる男友達に話すと共感が得られるが、女友達に話すと大抵「そりゃ別れるよ」と言われてしまうらしい。 「彼女のことを“大好き”って気持ちを理解してもらうのに、こんなにセックスが重要だなんて思いませんでした。次に誰かと付き合って、また好きなのに抱けなくなったらどうしよう……って考えると、もう恋愛するのがコワいです」
次のページ 
彼氏からプロポーズされるが…
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事