バーで 「マスター、いつもの」果たして出てくるものは

【対店員編】

ショットバーで言った
「マスター、いつもの」 「あちらの女性に一杯」


 向かった先は、一度も入ったことのないショットバー。席に着き、うつむき加減にこう呟いた。

「マスター、いつもの」。

 すると、マスターはちょっと考えこんだ後「かしこまりました」と笑顔で答える。その後、よくわからないカクテルが出てきて、「こちらでよろしかったですか」と、予想外というか、一枚上手な対応に、うろたえる。

 次なるセリフ、「あちらの女性に一杯」とカウンターの反対側でひとり飲んでいた女性客を見やる。すると「ほかのお客さまのご都合もありますので」と、あっさり却下され意気消沈。しかし、しょんぼり飲んでいると、女性客と話すついでに自然に自分を紹介してくれるマスター! 重ね重ねグッジョブ! である。

― 「(恥)セリフ」マジで言ったらこうなった!【2】 ―




おすすめ記事