恋愛・結婚

パパ活で稼ぐシングルマザー。息子とも遊んでくれるパパに抱く感情

麗香さん

麗香さん

 これまで日刊SPA!で三度、取材を行ってきた、パパ活のみで子供を育てているバツイチシングルマザーの麗香さん(仮名・36歳)。今回、彼女から特別な存在のパパ、Aさん(40代)の話を聞くことができた。

5歳の息子を気遣ってくれるパパ

 麗香さんとAさんの出会いはマッチングアプリ。お互いパパ活目的だったこともありすぐに意気投合し、今では1年以上の付き合いになる。次第に、Aさんが麗香さんの息子(5歳)のことを気に掛けてくれるようになったそうだ。 「『○○君は元気?』や『遠出の外出はお母さんだけじゃ大変じゃない?』など。今まで色々なパパたちと出会ってきましたが、このような気遣いを受けたのは初めてで、とてもうれしかったのを覚えています」  長期的な関係が続いていたこと、そしてAさんが安心できる存在だと感じ始めた麗香さんは、彼に心を開き始める。そして、親子でAさんとの交流が始まった。 「Aさんは、毎回息子が喜ぶ場所へ連れて行ってくれるんです。本当に有難いです」
パパ活

麗香さんの息子と魚釣りをするAさん(麗香さん提供)

 月に一度程度、保育園が休みの週末に合わせて、3人で遊びに行く。場所は魚釣りや遊園地といったところ。  麗香さんの息子さんからは、『次はいつ行くの?どこに行くの?』などの会話も出るくらい、Aさん=楽しいところへ連れて行ってくれるという認識になっているそうだ。  だが、この関係には困った問題もある。

パパのことを“先生”と呼ぶ理由

  「息子にAさんのことを何と呼ばせるか。すごく悩みました」  保育園などで『ママと知らないおじさんの3人で遊んだよ!』などと、息子が言ってしまうこともある。これを恐れた麗香さんは、Aさんの呼び方には慎重になったと話す。  そこで考えた呼び名が、“先生”だった。万が一、出かけたことを話したとしても、誤魔化せるのではないかと思ったからだそう。このような対策のおかげもあってか、3人の関係を周囲には気づかれる様子はないという。
次のページ
Aさんとの再婚はなし?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事