エンタメ

あの“Lの一族”が華麗に復活!? 禁断の恋はさらなるステージへ! 『ルパンの娘』短期集中連載vol.1

 10月15日(木)よる10時からフジテレビ系列にてスタートする深田恭子主演のドラマ『ルパンの娘』。昨年7月クールに放送され大好評を博したドラマの新シリーズとなる今作の魅力を徹底紹介!

“Lの一族”ついに復活?華と和馬の運命の行方は

 昨年7月クールに放送された深田恭子主演のドラマ『ルパンの娘』。  先祖代々続く泥棒一家“Lの一族”の一人娘・三雲華(深田恭子)と、同じく代々続く警察一家の一人息子・桜庭和馬(瀬戸康史)による禁断の恋をコメディータッチかつ真面目に描き、放送中は毎週SNSを中心に大盛り上がり。配信での見逃し視聴が初回放送後から一週間で124万回再生を記録し、最終回には番組最高となる平均視聴率9.8%をマークするなど、多くの人たちから愛された作品であることを見事に証明した。放送終了後も続編を望む声が後を絶たなかったが、そんなファンの期待に応えるように、このたび待望の続編が10月15日(木)よる10時からスタートする。  この作品の魅力はなんといっても、主演の深田恭子と瀬戸康史を中心に、荒唐無稽な設定から繰り広げられる複雑な恋愛および人間模様と、スリリングな逃亡&追跡劇、本気度全開のアクション、時折挟まれるマニアックな小ネタ、そして心温まる家族の絆である。単なるコメディに留まらない、幅広く深いテーマを内包した壮大なヒューマンドラマなのだ。  前作のラストでは、世間では死んだことになったLの一族が桜庭家に押しかけ居候するところで幕を閉じたが、新シリーズはその後から物語がスタートする。禁断の同居生活は一体いつまで続くのか? Lの一族の復活はあるのか? そして何より華と和馬は幸せな結婚生活を手に入れられるのか? さらになんとワケありな新キャラクターも登場。今作も一瞬たりとも見逃せない展開が待ち受けていることは間違いない!!

大きな話題を呼んだ前作「ルパンの娘」。先祖代々続く泥棒一家“Lの一族”の一人娘、三雲華(深田恭子)と、先祖代々続く警察一家の一人息子、桜庭和馬(瀬戸康史)は運命的な出会いから禁断の恋に落ちてしまう。家族、組織、職業、地位、名誉、さまざまな障壁を乗り越え、二人はついに結ばれるが……。

稲葉Pが語る! 今回のテーマはずばり“家族”。華と和馬を襲う新たな試練!

 スタートを目前に控え、否が応でも期待が高まる『ルパンの娘』。そこで前作に引き続きプロデュースを手がけるフジテレビ・稲葉直人プロデューサーに続編へのアツい思い、そしてオススメの見どころなどをたっぷりと語ってもらった! ――まずは続編おめでとうございます。前作の途中から続編への手ごたえみたいなものは感じてましたか? 稲葉「いえ、特には(笑)。それは冗談ですが、スペシャルはあっても、まさか連ドラの続編があると思っていなかったので、話を聞いたときは驚きました。でも、深田さんをはじめキャストのみなさんから『続編があったらいいね』という話はうかがっていたので、こうして続編をつくらせていただくことは本当に嬉しい限りです」 ――ずばり、今回のテーマは? 稲葉「“家族”です。前作でなんとなく『こんな人たちだけど、なんかいい家族だよね』っていうメッセージが視聴者のみなさんには伝わったかなと思うのですが、今回はよりホームドラマの色合いを濃くしていこうかと。そう言いながら、いきなり全然違うテイストの回をつくったりするかもしれません(笑)」 ――では、華と和馬にはどんな運命が待っているのでしょう? 稲葉「結ばれたとはいえ、Lの一族は世の中に存在しないことになっているので婚姻届を提出することは絶対できないし、和馬は表向き独身を通さなければいけない上に、所轄に飛ばされてしまいます。二人には前作以上に次から次へと試練の壁が立ちふさがりますので、それをどうやって乗り越えていくかが一つの軸になります」

表向きは死んだことになっていた“Lの一族”だが、三雲華(深田恭子)をはじめ家族全員が華の恋人である桜庭和馬(瀬戸康史)の家に身を寄せていた。しかし、そろそろ潮時と悟った華の父・尊(渡部篤郎)は桜庭家を引き払い、華と和馬はオンボロアパートで二人だけの生活を始める……。(第1話・10月15日放送)

――今回から新キャラとして橋本環奈さん演じる北条美雲が登場します。 稲葉「橋本さんは観察眼が非常に鋭く、頭の回転も早いんですよ。すぐにスタッフ全員の顔と名前を覚えて、ホントに21歳なのかというくらいベテランの貫禄なので安心しています(笑)。彼女が演じる美雲は、京都にある代々名探偵の家柄に生まれ、二面性を持ったキャラクター。存在感は決して引けを取らないので、彼女が華と和馬の間にどう割り込んでいくのか注目です。

若い女性が立て続けに失踪するという事件が発生。和馬(瀬戸康史)は誘拐事件と睨み、聞き込み捜査を進めていく。通っている高校で事件の噂を聞いた美雲(橋本環奈)は犯人の行動を推理し、独自に調査を開始するが……。(第2話・10月22日放送)

――それでは、第1話と第2話の見どころを聞かせてください。 稲葉「第1話は、華たちが居候していた桜庭家を飛び出すところからストーリーが展開していきます。そこに“泥棒アベンジャーズ”と呼ばれる犯罪グループが現れ、彼らを追う和馬との対決、華を含めたLの一族の行方が大きな焦点になります。第2話は若い女性の連続失踪事件をめぐり、捜査を進める和馬が美雲と運命的な出会いを果たします。そしてなんといっても華の身に“ある大きな出来事”が起こります。薄々感づいている人もいるかもしれませんが(笑)、それが何かはぜひドラマを見てお確かめください!!」

稲葉Pがぜひ見て欲しい『ルパンの娘』細かすぎて伝わらない? マニア向けポイント選手権

①華が決める手刀はL字になっている! 「華を演じる深田さんのアクションがあまりにも華麗すぎて、前作ではなかなか気づいてもらえなかったのですが、よく見ると華が敵に振り落とす手刀はアルファベットの『L』の文字を刻んでいるんです。これは毎回現場のスタッフとかっこいい見せ方にこだわって撮ってますので、ぜひ見てください」(稲葉P) ②てんとう虫3号に隠されたこだわりとは!? 「華の兄・渉(栗原類)が作る秘密兵器『てんとう虫3号』ですが、前作では『天』『翔』『神』など漢字一文字の名前がついてました。今回の続編でもさまざまな名前がでてくるのでお楽しみに。改めてFODなどで前作を見返していただくと『ルパンの娘』がより一層楽しめます(笑)」(稲葉P)  「ルパンの娘 シーズン2」は初回15分拡大で10月15日(木)スタート、フジテレビ系列にて放送される。 <提供/フジテレビジョン>
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事