オフィスの雑談に隠された本音×建前バトル【後編】

本音で語り合う――素晴らしい、と思う。が、こと職場においては“建前”が無用な軋轢を避け、仕事を円滑に進める潤滑油ともなるのも事実。上司⇔部下の会話に隠れる本音を酌みつつ、言わぬが花が大人のコミュニケーションだとも思うのだ

<雑談に隠れる建前⇔本音>

●【上司⇒部下の本音と建前】

【建前】(残業中、キックやパンチでじゃれ合う20代男に)楽しそうだね
【本音】さっさと仕事しろよ

【建前】(外から帰社した部下に)ずいぶん遅かったなあ
【本音】そんな時間のかかる仕事じゃないだろう

【建前】(「今日はもうあがります」という部下に)もうやることがないのか?
【本音】逃がすものか

【建前】(ロン毛のお洒落男子に)その髪形、はやってるの!?
【本音】それで営業には行けないだろう

【建前】(飲み会の前に一言)別に飲み、来なくてもいいよ
【本音】無理をすることはないよ。マジで。でも、それでも来たら……かわいいヤツ!

【建前】(飲み会で)オレのおごりだ。好きなもの頼めよ
【本音】高いものはせめて、「これいいっスか?」と聞いてくれよ…おい

●【部下⇒上司の本音と建前】

【建前】(夜、食事に出かけるとき「夕飯?」と聞かれ)いえ、昼食です
【本音】昼メシを食べるヒマもないんだよっ!

【建前】(上司に「大丈夫? オーバーワークになってない?」と聞かれ)えーー。大丈夫だと思います
【本音】見てわからない? 何があっても知りませんよ。仕事の振り方考え直してください

【建前】(上司へのあいづち)いいですねえ
【本音】どうでもね

【建前】(飲みの席で何度も同じ自慢話をする上司に)その話、何度聞いても沁みますねえ!
【本音】聞き飽きたよ

【建前】(飲みの誘いに)あまり飲めないんですよ…
【本音】飲み会には誘わないでください

― 上司×部下[本音⇔建前]翻訳辞典【7】 ―

働く人のルール

誰も教えれくれないけど誰にでも必要なルール

ハッシュタグ




おすすめ記事