R-30

無射精オナニーに成功「選民意識芽生えた」

無射精オナニー

無射精連続絶頂記録は4回。自身のブログでもオナニー経験を克明に描写。『変な声がするんです』http://riochan.org/archives/2264773.html

 オナニーは日課だったが、疲れてしまうため、翌日に差し支える……。そんなジレンマを克服するために無射精オナニーをマスターしたという斉藤りおさん(仮名)。

「当時は、毎晩抜かないと一日が終わった気がしない生活スタイルでした。でも、仕事が忙しい時は本当にしんどくて。それで体力を消耗しないオナニーを考え続けた末、射精をしなければいいという結論に至ったんです」

 ネットで検索したところ、PC筋(骨盤底筋。排尿を我慢する際などに活動する)を鍛え、射精を自在に止めることで無射精オーガズムを得る方法を紹介しているサイトを発見。さっそく日常の場面で、PC筋を鍛え始めた。

「会社のパソコンのデスクトップにカウンターを常駐させ、毎日1000回はやってました。尿道を締めたり緩めたりするイメージですね」

 結果、3週間ほどで射精圧をコントロールできるようになり、無射精イキに成功。

「身体が波打つような、未知の快感でした。そのうち連続絶頂もできるようになった。果てた後特有の虚しさを感じないのも、驚きの発見でしたね」

 そして最後、射精時に“大絶頂”を迎えるのが無射精オーガズムの醍醐味だが、彼の場合疲れるため射精はなしで終えている。

「これをマスターして選民意識みたいなものも芽生えました。『俺は違う境地に達成してる』ってね」

コツは「射精圧をどう抑えるか」だと斉藤さんは熱く語る。 <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>

※週刊3/19発売の週刊SPA!『男のオナニー革命![無射精オーガズム]が凄い』より

週刊SPA!3/27号(3/19発売)

表紙の人/白鳥美麗(渡辺直美)

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事