仕事

お土産菓子「黒糖ドーナツ棒」が試食販売禁止で苦境に。起死回生の一手とは

 熊本や九州のお土産菓子として長年親しまれてきた「黒糖ドーナツ棒」。百貨店やスーパーの九州フェア・物産展などで目にしたことがある人も多いかもしれない。なでしこジャパンのFIFA女子ワールドカップ初優勝に湧いていた2011年。当時、「INAC神戸」に所属していた川澄奈穂美選手がマイクパフォーマンスで黒糖ドーナツ棒を紹介し、大きな注目を集めたこともある。
フジバンビ

フジバンビ関東営業所所長の三神拓磨さん

 発売から35周年を迎えたが、コロナ禍で観光業界が大打撃を受けたことは周知のとおり。そして、その影響はお土産菓子にも及んでいる。果たして、この危機を乗り越えることはできるのか。フジバンビ関東営業所所長の三神拓磨さんに聞いた。

会社存続の危機で生まれた「黒糖ドーナツ棒」

黒糖ドーナツ棒

黒糖ドーナツ棒

 ドーナツ棒を製造・販売を行うフジバンビは今年で創業73年目。もともとは「かりんとう」の製造・販売の事業を中心に行っていたそうだが、「黒糖ドーナツ棒」は前社長の吉田高成氏がかりんとうからヒントを得て、35年前に開発した同社のオリジナル商品だ。 「当時の主力商品だった『かりんとう』を生産していた熊本工場が1970年、火災に遭いました。その2年後には『カネミ油症事件』という食用油の健康被害の風評被害で、売り上げが半減してしまったんです。会社存続の危機に直面し、当時の社長だった吉田は足を骨折していて入院中だったんですが、松葉杖で会社に通い詰め、ドーナツ棒の開発にあたったそうです」
かりんとう

もともとはかりんとうを製造・販売していた(提供写真)

 ドーナツを食べやすい棒状にした非常に“シンプル”な菓子だが、だからこそ、常に変わらない味わいと、それを実現するための製法にこだわっている。 「ドーナツ棒には類似商品もありますが、原材料や生産・製造設備まで、吉田前社長が自ら選び抜いて作り上げたものなので、他社さんにはなかなか真似できない商品になっています。特に黒糖の深い味わいと、外はさっくり中はしっとりという生地の食感。  沖縄県産黒糖100%、国産小麦100%と、国産の原材料にこだわり、脂っこくない味わいに仕上げるため、油も特別に新鮮なものを使っています」

地元・熊本ではドーナツといえばドーナツ棒

直営店

直営店の様子(提供写真)

 かりんとうで培ったノウハウも活かし、クセになる独特の食感と、何回も食べたくなるような味わいを実現。地元・熊本で「黒糖ドーナツ棒」は定番のロングセラー商品として定着した。  九州各地の直営店やサービスエリア、空港の売店などが主な販路だが、熊本ではコンビニなどでも取り扱いがあり、地元の人たちのお馴染みのおやつとなっているようだ。 「熊本ではドーナツといえば、ドーナツ棒という感じですね。黒糖や小麦粉など原材料ひとつとっても、産地によって微妙に味わいが変わってくるんですが、吉田前社長が試行錯誤を重ねた結果、最終的に辿り着いたのが沖縄産黒糖です。ミネラルやビタミンが豊富でカロリーも控えめな黒糖を、独自の技術で生地の中まで染み込ませているので、後を引くような優しいコクと風味を楽しめます。牛乳やお茶との相性も良いです」
次のページ
コロナ禍で試食販売が禁止、売上が半分以下に…
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事