スポーツ

体罰を連想させる韓国ナイキのCMが話題。韓国スポーツ界に波及も

 韓国のNike KoreaがYouTubeに公開したCMが韓国国内で大きな話題になっている。
korea

韓国NIKEのスポーツ虐待をテーマにしたCMが物議を醸している

 NIKEのCMと言えば、昨年末NIKE JAPANが同じくYouTubeに公開したCMが物議を醸したのは記憶に新しいところであるが、今回公開されたCMは韓国国内でそれ以上の話題となっている。  

怒号が響く韓国の体育授業シーン

 CMは、言葉が通じなくても十分に伝わる動画だ。  体育時間と思しき学校(スポーツ訓練の合宿所か?)の工程で、体操着の女子生徒たちが体幹訓練をやらされており、指導者はその学生らに向けて怒声を張り上げている。そこにアップになった女子学生の言葉-「私たちはいつまでこうしなければならないの?」  その後、丸刈りを強いられる球児。潜水訓練を強制されているかのような水泳選手。  立ち位置を厳しく支持される幼いテコンドー選手等、指導者の怒声や強制に晒される子どもたちが次々と映される。子どもたちの表情は暗く、そして痛々しい。  しかし、「もしすべてが変わるのなら?」というナレーションをきっかけに、生き生きとスポーツや練習を楽しむ子どもたちがカットインしてくる。

同じ「Play new」のテーマで日本は女子サッカー選手のドキュメンタリーを制作

 「私たちの心のままに、私たちのやり方で、私たちが変えたなら?」。  そしてCMは冒頭の学校のシーンに戻り、アップになった女子学生がおもむろに立ち上がり、指導者の指摘を聞き流し、仲間たちと叫び走り出す。  「正直、ちょっと楽しんだとしても大事(おおごと)になることはないでしょ?」と。  今回のCMのキャッチフレーズは「Play new」。  同じキャッチフレーズでNIKE JAPANもCMを公開しているが、こちらは韓国のCMとは全く違うテイストで、渡米した女子サッカー選手のドキュメンタリー風のCMとなっている。
次のページ
暴力が蔓延する韓国スポーツ界の告発も相次ぐ
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事
この記者は、他にもこんな記事を書いています