仕事

データ消失の犯人扱いされた27歳会社員。黒幕はまさかの人物だった

 会社員たるもの、ミスをした場合は大小にもよりますが、それなりの懲戒処分を受けることはありえるでしょう。しかし、それがもし冤罪だったとしたらと思うとゾッとします。
セキュリティ

画像はイメージです(以下同じ)

 マーケティング系のシステム開発会社に勤務している藤橋司さん(仮名・27歳)は、顧客情報の消失に関わる体験をした際に、なんと濡れ衣を着せられてしまったのだとか。 【bizSPA!より転載。リンクなど元記事に移動します】⇒bizSPA!へ

突然取引先に呼び出されてみると…

「今思い出しても本当に腹が立つんです。自分に全く非がないにもかかかわらず犯人扱いされたんですから……。会社や同僚を見る目がガラリと変わってしまった出来事でした」  藤橋さんは客先に出向いて会社の主力商品であるマーケティングシステムの導入を行うSE。ある日、客先の担当者に呼ばれることになります。 「担当は普段は穏やかな人なんですけど、この時ばかりはすごい剣幕だったので驚きました。到着とともに有無を言わさぬ様子で会議室に連れていかれると、部長クラスの人たちもいました。その場で『お前の会社のせいで顧客データが消失した』と言われたんです」

同行してくれた同僚が頼もしい姿を

考えるビジネスマン 突然の話に驚き、狼狽する藤橋さんでしたが、同行してくれた同僚の担当営業が頼もしい姿を見せくれたそうです。 「もちろん営業の西浦(仮名)にとっても危機的でした。大口の顧客だったので、失うようなことになれば彼の立場的にもかなりやばい状況です。でも『まずは原因究明を急ぎましょう』とうまくなだめていて、思わず感心してしまいました」  このような状況になった原因について、藤橋さんは一切心当たりはなかったと言います。
次のページ
弁解する余地もなく犯人扱いされる
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事