ライフ

バーでしつこくナンパする“迷惑おじさん”を撃退した、常連客のキツイ一言

 かっこいい大人というのは、無理せず上手にお酒を飲めるもの。逆もまた然りで、酒癖が悪いと周囲の評価を大きく下げることになるでしょう。
ビール

画像はイメージです(以下同じ)

【bizSPA!より転載。リンクなど元記事に移動します】⇒bizSPA!トップへ  一昨年まで都内のバーに勤務していた中里優さん(仮名・25歳)は、当時「バーが賑わっている状況だからこそ」抱えていた悩みがあったと打ち明けます。

「女性がいないと入店しない」やっかいな客

 中里さんの悩みの種は、たまにバーに来る男性客のD氏でした。40代後半ぐらいで、酔うと女性客にデリカシーもなくプライベートなことを聞いたり、しつこく連絡先を聞いて後日飲みに誘ったりと、迷惑行為を繰り返していました。  働いているバーはドアがガラス張りになっていて、外から店内が見えるようになっています。D氏はそのガラス越しのドアから店内をチラチラ覗き込んで入店することが多かったと言います。 「初見の人ならバーに入る前、店内の様子をうかがうのはよくある光景ですが、何度か通うようになってからも必ず店内を覗き込んでから入店していたんです。(店内を覗き込んで)入店しないときもありますし、好みの女性が店内にいるかどうか物色しているのだとすぐに悟りました」  実際、D氏が来店する時は、必ず何人か女性客がいて、店内が空いている時や男性客しかいないと姿を現しませんでした。当初は1杯奢る気遣いも見せていたので、ただの下心のある客なのだなと中里さんは思っていました。

迷惑行為に頭を悩ませる

バー 男性 しかし、D氏の女性客への絡みは日に日にエスカレートしていきます。来店回数が増えて店内の空気に慣れたのか、かなり酔いが回っている状態での来店も多かったそうです。大声で下ネタを言ったり、女性客同士の会話に入り込むなど、場の空気を乱す行為が頻繁に見られました。 「過度に絡んでいるのを見ては注意を繰り返しましたが、泥酔していてあまり覚えていないのか、反省した様子は見られませんでした。常連の女性客のなかには、D氏が来店すると帰る人もいて、頭を悩ませていましたね」  常連のお客さんでほぼ満席だったある日のこと。それぞれ単独で来店した客同士が盛り上がり、店内は和やかなムードでした。そんな状態のなか、D氏が来店します。
次のページ
他の常連と話していた女性に絡み始め…
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事