ライフ

飲み会後に集金を渋るメンバー。グループLINEで晒した意外な結末

怒り爆発 グループLINEで暴露

LINE いつものように飲み会を開催した後、メンバーに金額を連絡した常田さん。そのときもいつものようにEさんが出し渋りをしてきたのです。しかしその日は溜まっていた鬱憤が爆発してしまったのか、常田さんは我慢することができませんでした。 「その日はなんだかイライラが収まらなくて、グループLINEで『実はEくんに毎回こんなことをされる!』と暴露してしまったんです。怒りに任せて送ってしまったので、言葉などの配慮はできていなかったですね」  当然みんなが味方になってくれると思っていた常田さんでしたが、メンバーの反応は意外なものでした。その投稿に対して「嫌なら嫌と言ってほしかった」とEさんが返信すると、多数の人が「本人と話し合う前に大勢の前に晒すのはマナー違反」だと言うのです。 「初めはEくんのことを怒っていたメンバーも、何も話し合いや指摘がされる前に暴露されたと知ると僕を注意してきました。そのときは僕もイライラしていたのでなんで悪くない僕が文句を言われるんだとさらに怒りが大きくなっていましたが、一人の友人が仲裁してくれてなんとか冷静になることができました」

伝え方によっては被害者が加害者に

 その後、仲裁してくれた友人が公平に2人の話を聞いてくれたおかげで、常田さんとEさんは和解することができたそう。Eさんはそこまで常田さんが嫌な思いをしていることを知らなかったと、素直に謝ってくれました。 「僕もイライラに任せて送ってしまったのは悪かったです。大人なら本人同士で解決するべきでした。和解した後にグループのみんなには晒したことはよくなかったと伝え、その後も今までのように飲み会を開ける雰囲気に戻りました」  Eさんはそれ以降反省して出し渋るようなことはしなくなり、常田さんが嫌な思いをすることもなくなりました。今回はEさんがきちんとお金を支払わないことが悪いと明らかですが、タイミングや伝え方によってそのイメージを変えてしまうこともあるようです。  事前に話し合いをしたり誰かに相談したりするなどのアクションがあれば、常田さんの発言が咎められることもなかったでしょう。誰に何をどう伝えるのか、それによって相手にどんな印象を与えるのかを冷静に考えて発信していくことが大切だと考えさせられるエピソードでした。 <TEXT/つる> ※bizSPA!フレッシュより
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠