恋愛・結婚

「絶対に結婚できないアラフォー男」の口グセ。女性には一瞬で見限られる

 皆さん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。

妊活と婚活が似ている理由

 
山本早織

山本早織

 私ごとではありますが、去年から本格的に妊活に取り組み、さまざまな検査やチャレンジをした末、総額250万円ほどかけて妊娠。今まさに出産を控えています。  私の妊活は「本気」と書いてガチでした。絶対ほしい。高齢出産となる35歳になるまでにつくらないと本当に妊娠しにくくて、苦しむのではないか……そんな焦りも若干ありましたが、明確に子供がほしいと思ったからこそ、痛みや苦しみ、不安に打ち勝てたと考えています。  そして、私は婚活に取り組む方にも「不安に負けず、粘り強く続けてほしい」と伝えるようにしています。

必死に婚活することは恥ずかしい?

婚活 しかし、残念ながら、男性でここまで明確に結婚願望を強く持ち、婚活している人は多くありません。  特に恋愛経験をある程度している人は、なぜか婚活をしているということを認めたがらず、むしろ本気で婚活していると思われたくないと考えているようです。  私からすると、水面に出てる部分は優雅に見えるけど、水中では足を必死に動かして泳いでる白鳥のようで、なぜ素直に「結婚したいんだ」と真っ直ぐ自分の願望と向き合えないんだろうかと結婚適齢期の独身男性のことを不思議に思うことがあります。
次のページ
「いい人がいれば結婚したい」と言い続ける男性
1
2
3
4
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事