ユルカワ新人OLの落とし方

入社1年で先輩に抱かれちゃったゆとり新人OLのナマ告白集

【お姫さま系】
文房具がない、椅子が合わない……小さな相談に乗ってくれる先輩に♥


山縣玲菜さん(仮名・22歳)飲食業

100420_CL2_04.jpg
“仕事の鬼”と恐れられていた13歳年上の彼。最初は怖くて声もかけられませんでした……」

 と、現在もラブラブ交際中の先輩の第一印象を振り返る玲菜さん。そこから一転、彼女に恋心を抱かせたものは何だったのだろうか?

「入社して2か月たった頃、ふと『仕事で困ってることはない?』と話しかけてくれたんです。周囲にはあんなに怖い先輩が、私のことだけは見守ってくれているんだ!と嬉しくなっちゃいました」

 それを機に、近づけもしなかった先輩との距離は急接近する。

「飼っている猫が病気になって凹んでいたとき、『最近元気ないけど、どうした?』と私の変化に気づいてくれたのも彼だった。ほかにも文房具がなくなっちゃったときや、『机の椅子の高さが合わなくてどうしよう』と相談したときもちゃんと聞いてくれたんです」

 子供かよ!!とツッコまずにはいられないが、しょーもない相談にいちいち乗ってやるうち、上司も玲菜さんが気になって仕方ない存在となっていたらしい。

「ある日、思い切って『二人で飲みませんか?』と私から誘ったら、なんとその席で『実は俺、お前のことが好きなんだ』と、彼から告白されちゃったんです♥」

 そのストレートな物言いにも「同世代にはない男らしさを感じた」とウットリと話す玲菜さん。さらに、ベッドの上でも”年上男の魅力”にはメロメロなんだそう。

「耳元で『痛くない? 大丈夫?』って囁かれるだけで反応しちゃう(笑)。正常位中に髪がボサボサにならないよう、頭の下に手を置いて整えてくれたり。自己チューHにならないところも、同年代にはない魅力ですね」

 多少手はかかるし我慢も必要だが、こんなユルカワな新人OLになら振り回されるのも悪くない!?

【ここがゆとりのツボ】
相談に”手取り足取り”応じれば、姫の城はスグに開門する!

― ゆとり新人OLは簡単に口説ける!【3】 ―




おすすめ記事