恋愛・結婚

「女性のほうから好意を伝えたくなってしまう男性」に共通する5つの特徴

特徴④「多少の名残惜しさを残す」

片思い 一緒に食事したあと、まだ時間があっても切り上げて帰る、60~80%くらいで切り上げるのがおすすめです。  LINEのやり取りで盛り上がっても、そこそこのところで打ち切る。そうすると、「もっと二人でいたかったな、話したかったな」などと、名残惜しさを与えることができます。

会えない時間に自分のことを考えてもらうには…

「自分と会っていないときでも、自分のことを考えてもらう」というのはとても大事なことです。  会えない時間に関係性を深めるためには、会っているときにどう過ごすかにかかってきます。  少し物足りないくらいのちょうどいい名残惜しさを残せると、必ず次につながってくるはずです。
次のページ
適度に謎がある男がモテる
1
2
3
4
5
6
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート