雑学

「(恥)セリフ」マジで言ったらこうなった!

タクシーに乗り込み「運転手さん、前のクルマを追ってくれ!」……ドラマなどでよく耳にするセリフだが、実際に言っているのを聞いたことはない。そんな、ともすれば場の凍るような赤面セリフの数々を現実世界で言ったらどうなるのか、小誌記者がガチンコ体験してみた!

◆ INDEX ◆

「大将、とびっきりのネタを握ってよ」 「大将、コレどこ産?」

「マスター、いつもの」 「あちらの女性に一杯」

「スマイルください」

「運転手さん、前のクルマを追ってくれ!」

セレブ気どりで「ココにあるもの全部ください」

「下の口は正直だな」 「お前のためなら死ねる」

まっとうな感覚だったら、言うのも憚られるような有名人の発言。古くは「不倫は文化」(C)石田純一、「私の体はワインでできているの」(C)川島なお美、などがある。

「何かあったら言って。俺はいつだってお前の味方さ」

インテリジェンスの高い美女が相手なら、どんな殺し文句でも真顔でサラリと言ってのける” 恋愛投資家”のフェルディナント・ヤマグチ氏。そんなヤマグチ氏とっておきの、凡人にはとても真似できない(恥)セリフを聞いてみた。

「お前なんかに俺の気持ちがわかってたまるか……!」 Twitter=「トゥイッター」など(ネイティブ風な)発音




おすすめ記事