就職難のウソを作り出す数字のトリック

◆「若年正社員はこの15年で300万人減り、非正規に切り替えられた」はウソ

 ’94年と’08年の「労働力調査」(厚労省)から比較すると、15~24歳の正社員数は確かに266万人減少している。しかし、15~24歳の総人口自体が573万人減っているということ、大学が乱立され、大学生・院生が48万人増加しているという事実が無視されている。2つを合わせると620万人。減っているように見えるのが当然だ。

 さらに、10年前(’99年)に15~24歳だった人たちの就業状況と、彼らが25~34歳になった現在の就業状況を比べると、正社員数の伸び率が大きく、65・5%から10年後には74・4%にまで上昇している。つまり、いつの時代も若年層は非正規率が高く、在学生が卒業して世に出ると正規率が上がるカラクリだ。

◆「失業率が悪化し、日本の若者(15~24歳)は貧困にあえいでいる」

 日本の若者の貧困化がいわれているが、日本の15~24歳の失業率は、7・2%。ところが、EU19か国は15・1%、フランスに至っては18・1%と実に5人に1人が働き口がないのが実情だ(いずれも’08年)。新卒一括採用や未経験者採用がある日本は、実は若者に優しい社会である。

◆「フリーターは一生、正社員にはなれない」はウソ

 多少、データは古いが、左表の「若年者就業実態調査」(’97年・旧労働省)を見てほしい。これから、新卒で正社員就職できなかった人のうち、66%がその後、正社員化していることがわかる。新卒で思うような就職ができなかったら、以後、正社員の道は閉ざされてしまうというのは言いすぎなのだ。

 また、「雇用動向調査」(’09年・厚労省)では、20代前半の未就業者・既就業者を問わず、あらゆる企業規模で若年転職を受け入れている。ニートやフリーターでも、早々に中小企業に中途入社して、頑張ったのちに、大手の第二新卒枠でリベンジは十分可能なのだ。

100615_BK_03.jpg

100615_BK_00.jpg


『「若者はかわいそう」論のウソ
 データで暴く「雇用不安」の正体』

著・海老原嗣生/小社刊
雇用のカリスマがはやりの俗説をブッタ斬り解決策を大胆提言する
就職難・派遣叩き・ロスジェネ・貧困などの問題を
『エンゼルバンク』”転職代理人・海老沢康生”の
モデルでもある海老原嗣生氏が、得意のデータ
分析と実地調査をもとに覆す。
⇒ご購入はこちら

― [20代の就職難]はウソだった!【2】 ―




おすすめ記事