「男心」研究家が見た最低メール!

まずは反面教師を! 一発で嫌われてしまう究極のNGメール集
メール内「男心」研究家が見た最低メール!

 やっとメアド交換できたら熱烈アプローチがしたい! しかし、「熱心なメールは時に『ウザい』と思われる可能性があります」とは、女性誌『Oggi』で男女間のメールコラムを執筆する岡村佳代氏。女心のわからない”ダメール”に多い傾向に、自己主張の強さがあると岡村氏は分析する。

「女性から特に不評なのが『長文メール』です。自己中心的で一方的な内容が多く、中にはポエム調や日記系のメールを送る男性もいます。自分のことを知ってほしい気持ちはわかりますが、逆に女性から聞き出すぐらいの心構えで」

 文の長さは、ワンスクロールで収まる範囲が基本だとか。また、かわいく女性受けが良さそうな絵文字も、使い方に注意が必要とも。

「少しならまだしも、過剰な絵文字は『バカっぽさ』が際立ってしまいます。デコメもなかなか響きませんし、男性が送ること自体がイタいと感じる女性も多いようです」

 他にも顔文字の連発や、2ちゃん用語は女性に「苛立ち」を与えるとか。結局、シンプルが一番?

◆ブログに書けよ! 長文の日記メール

101005_BKR_21.jpg

「長すぎるメールには、必ず不要な部分がある」と岡村氏

◆これぞギザウザす! 2ちゃん用語多用

101005_BKR_22.jpg

2ちゃん用語を受け入れてくれるほど世の女性は寛容ではない

◆自分に酔いすぎ? 不快なポエメール

101005_BKR_23.jpg

情熱的なメールは本人以外をどこまでも不快にさせる……

◆愛らしい絵文字も多すぎはエグい!

101005_BKR_25.jpg

さらに動く絵文字の場合はウザさが倍増! 何事もほどほどに

◆顔文字ばかりでは何も伝わらない

101005_BKR_26.jpg

改行のせいで顔が真っ二つになる危険性にも注意が必要だ


101005_BKR_06.jpg
岡村佳代氏
『Oggi』で男のダメールを曝し上げる「メール内「男心」連絡網」を
連載するライター。時計ジャーナリストという肩書も持っている


― 女心を鷲掴みにする驚異のメール術【2】 ―




おすすめ記事