スポーツ

【五輪3日目】初日は金0、銀2、銅1。北島康介は五輪3連覇なるか?

― 7月29日(日)第3日目 ―

北島康介,水泳,ロンドン五輪,ロンドンオリンピック

JOC公式サイトより

 競技初日のハイライトは、日本女子ウェイトリフティング初のメダルを獲得した三宅宏美。

 00年のシドニー大会に正式種目となって以来、初となる快挙を達成した。アテネで9位、北京で6位、悔し涙を流してきた根性娘が、3度目の正直で銀メダルに輝いた。

 新たなスターも誕生した。

 男子400m個人メドレーで銅を獲得した萩野(はぎの)公介は予選から日本記録を塗り替え、決勝ではアメリカの8冠男、マイケル・フェルプスを抑え銅メダルに輝いた。今日の注目は、男子100m平泳ぎの北島康介。金を争うライバル、ダーレオーエンの急死というショックを乗り越え、100m、200mでの五輪3連覇に挑む。

 柔道では、昨日の最軽量級で金を獲得できなかったが、男子66kg級で海老沼匡、女子52kg級で中村美里が登場する。特に海老沼は五輪初出場だが、揃って金を狙うと公言している。

 初戦でスペインを撃破した男子サッカーは、第2戦でモロッコと対戦。なでしこに続いてグループリーグ突破を決めたい。同じく球技では、3大会連続出場となる女子ホッケー『さくらジャパン』が地元イギリスと初戦を戦う。

【今日の注目】
北島康介の金メダル!

<取材・文/NANO編集部
海外サッカーやメジャーリーグのみならず、自転車やテニス、はたまたマラソン大会まで、国内外のスポーツマーケティングに幅広く精通しているクリエイティブ集団。「日刊SPA!」ではメジャー(MLB)・プロ野球(NPB)に関するコラム・速報記事を担当。五輪期間は見どころや速報記事を精力的に更新します!




おすすめ記事