女子大生アイドルユニットが急増中(?)のワケ【後編】

 お茶の水女子大学の学生によるアイドルユニット『お茶女アイドルカフェ』。今回、彼女たちへのインタビューを敢行し、女子大生による“アイドル”活動の実態、アイドル観を聞いてみた。

⇒【前編】今どき女子大生たちのアイドル原体験は?

お茶女アイドルカフェ

お茶女アイドルカフェより3人(左から)まおう、とりす、もふもふ

――アイドルカフェを立ち上げたキッカケは?

まおう「模擬店でカフェをやろうとなったのが始まりです。それとは別に、一昨年のステージでアイドルダンスをしているグループがいて、そこから“模擬店+ダンス”でいこう、ひっくるめて「アイドル」と名乗ろうということで、『アイドルカフェ』という形になりました」

――アイドルカフェは学園祭でどんなことを?

まおう「アイドルカフェはその名の通り、アイドルとしてダンスをしたり、カフェのお給仕をしたりするのがメインですが、もう一つコンセプトがあるんです。それは、『学園祭の非日常再体験』です。私たちアイドルが後輩、お客様を先輩としてお出迎えします。学園祭で良い思い出がある方も、そうでもなかった人も(笑)、“あのときめきをもう一度”という感じで、一緒に高揚感を味わえたらと思っています」

――どんなパフォーマンスをするの?

まおう「カフェ内でのダンスライブ、特設ステージでのダンスライブを実施します。カフェ内では1日4回、2チームが交代で異なるセットリストのダンスステージ。公演を実施していない時間は、キャストとお話しながらくつろげるカフェとして開店しています。教室のキャパはだいたい70~80人くらいで、スタンディングスペースを用意しようと検討中です」

お茶女アイドルカフェ

中庭にて

――今年のアイドルカフェのメンバーは?

まおう「昨年は40人近くで4年生のメンバーも多かったのですが、現在は1・2年生中心で、20人ちょっと。今後もっと増やしていく予定です」

――アイドルメンバーはお茶女生のみなのですか?

まおう「昨年は他大のメンバーもいたのですが、今年は基本お茶女生のみの予定です。お茶女生の独特の空気感を味わってほしいなと思っています。お茶女生って基本シャイなんですね。それが学園祭の高揚感でちょうどいい雰囲気が出るといいかなと」

―― 昨年との違いは?

まおう「今年から『アイドル研究会』を名乗ることにしました。非公認団体ですけど(笑)。昨年のダンスステージでは、流したアイドルソングがキッカケで、そのアイドルさんのことを知ってファンになった、という意外な反響がありました。『大ヒットしているアイドルだけじゃない!』ということを伝えていくというサブテーマで活動していきます」

お茶女アイドルカフェ,ダンス

振りを思い出し中

 学園祭シーズンを直前に控えた9月には、『お茶女アイドルカフェ』ほか女子大生アイドルを集めたイベント『UNIDOL(ユニドル)』(http://unidol.jp/)が開催される。取材班はこの動向を追いつつ、他大のアイドルグループも取材していく予定だ。オススメの女子大生アイドルグループがある方は、SPA!のTwitter問い合わせフォームからぜひ情報提供を!

◆お茶女アイドルカフェ
2011年11月11・12日に開催されたお茶の水女子大学の学園祭『徽音祭(きいんさい)』で活動開始。twitterによる事前宣伝と、当日の口コミ効果で会場を埋め尽くす反響があったアイドルグループ。徽音祭のほかにも、東京大学の駒場祭などに出張ステージを行なっており、今年が2シーズン目の活動となっている。
【facebook】http://www.facebook.com/i.idol.ocha
【Twitter】https://twitter.com/i_idol_ocha/
【昨年の反響まとめ】http://togetter.com/li/214169

【画像】昨年の学園祭での活動の様子
【まおう】お茶女アイドルカフェの創立者・仕掛け人のまおうちゃん。しっかりとしたリーダー的存在。好きな男性のタイプは「『ピューと吹く!ジャガー』のジャガーさん。それかスラィリー!」だそうだ。

【もふもふ】天然な妹系の印象で取材中ずっと笑顔を絶やさない、もふもふちゃん。趣味は”そば打ち”だそうだが、お父さんの影響で昨年初めて体験しただけの模様。

【とりす】一見クールな優等生的印象のとりすちゃんだが、アニメ・ゲームが好きで、まゆゆまで3次元アイドルに興味がなかったなど底が知れない独特な内面を感じた。

<取材・文/オクムラタクマ 撮影/林健太>




おすすめ記事