雑学

薬物を使わず脳内麻薬を出せる方法

◆薬物に頼らず、かつ苦労せずに脳内麻薬を出す方法はあるのか?

脳内麻薬 脳内にアドレナリンやドーパミンを出して快感を得るためには、ランナーズハイなどの運動系が王道なのは百も承知。だが正直なところ、手軽に気持ちよくなりたいのに、わざわざ運動するのはかったるい。何か楽にできるいい方法はないものか。

 しかし、「誰でも手軽に気持ちよくなれる」として流行した脱法ハーブは社会問題になった。アングラ文化に詳しいライターのクーロン黒沢氏によると、「『ウチの店だけで17人死んでる』と自慢げに語る脱法ハーブ屋もいますからね」という。粗悪品も数多く出回っており、政府も近く違法化する方向で動いている。やはり、ホンモノの薬物は危ない。

 一方、韓国ではここ数年「i-doser」なる“聴く麻薬”が青少年を中心に大流行となり、現在はリアルの麻薬を取り締まる食品医薬安全庁をはじめ、各政府機関が規制を強化しているという。だが、発祥元のアメリカやヨーロッパ、そして日本では今も普通にネットでダウンロードできる。危険性が高い脱法ハーブに比べ、実際の効果はどれだけあるのか。ちょっとコワそうだが、試してみる価値はありそうだ。

 調査を進めてみると、ほかにも「薬物を使わず、合法的に、大した手間を掛けずに、脳内麻薬を出せる(かもしれない)方法」がいくつか見つかった。果たして、どれぐらい気持ちよく、どれぐらい悪影響があるのか。

 読者の参考になるべく、本誌記者と編集者が人体実験を敢行してみた。

⇒韓国で禁止となった【聴く麻薬】を試す!http://nikkan-spa.jp/293362

【クーロン黒沢氏】
’71年、東京都生まれ。ライター。代表作に『デジタルスーパースター列伝』『裏アジア紀行』など。カンボジア・プノンペン在住

イラスト/テラムラリョウ
― 1週間で最高にHAPPY!合法的に脳内麻薬を出す技術【1】 ―

デジタルスーパースター列伝

電脳界密着レポ




おすすめ記事