LINEのグループ機能ってなに?―今さら聞けないLINEの使い方(2)

ITライターの田口和裕氏は「今にメールや電話も使われなくなり、連絡はLINEだけで事足りるようになるでしょうね。すでに若い層はそうなりつつあるようです」と語る。ユーザー数が飛ぶ鳥を落とす勢いで増えているだけでなく、アクティブユーザー数(幽霊ユーザーを除いた数)がほかのSNSと比べて圧倒的に多いのだという。アドレス帳に入ってる友人との連絡に使うくらいは知っていても、イマイチよくわからない。スタンプって何? どうしてそんなに流行ってる? 乗り遅れた人必見、LINEの使い方を徹底解剖!

【グループとは?】

LINE

タイムライン機能は、少人数でFacebookをやっているような感覚

 数人でグループを作り、そのなかでトークをする機能もある。Facebookの非公開グループ機能とほぼ同じ。「グループ」でできるのは、トークとタイムライン。ただ、グループトークに関しては、通常のトーク機能で複数人での会話が可能なため、その存在意義はあまりないという向きもある。

「しかも、グループから誰かを退会させるのは全員ができて、しかも誰が退会させたかはわからないため、中高生の間では、気に入らないヤツをグループから退会させるイジメがあると聞きます。この機能はもしかしたら今後淘汰されていくかもしれません」(田口氏)

 役に立ちそうなのは、グループ内のタイムライン機能で写真を共有、などの使い道くらいか。

★決まった面々と内輪ネタで盛り上がりたいならグループ機能を

【タイムライン】

LINE

まだそこまで盛り上がってない分、人目を気にせず気軽に投稿できるかも

 写真やテキストを友だちに公開するタイムライン機能。公開範囲の設定もできる。Facebookと違うのは、「いいね!」の代わりに、「[いいね]スタンプ」が押せる点。笑っていたり泣いていたり、6種類の表情のスタンプを選べる。

「こちらも、まだFacebookやTwitterなどとの差別化が難しく、まったく使っていないなんて人もそれなりにいます。ただ、FacebookやTwitterを、友人との近況報告や会話目的で使っている人は、今後LINEのタイムラインに流れてくる可能性は十分にあります。LINE側も、まだテスト的に追加してる機能が多い印象ですね」(田口氏)

★LINEなら検索されないから気軽に投稿できるかも

【田口和裕氏】
ITライター。ITやソーシャルメディアのジャンルを幅広く執筆。『Facebook集客術』(秀和システム)など著書多数

取材・文・構成/朝井麻由美
― 今さら聞けないLINEの使い方【2】 ―

Facebook集客術

イマドキ集客はSNSで!




おすすめ記事