デジタル

今さら聞けない「LINE」の使い方

何かと話題の「LINE」だが、アドレス帳に入ってる友人との連絡に使うくらいは知っていても、イマイチよくわからない。スタンプって何? どうしてそんなに流行ってる? 乗り遅れた人必見、LINEの使い方を徹底解剖!

◆メールも電話も不要。アクティブ数も驚異的

田口和裕氏

田口和裕氏

「今にメールや電話も使われなくなり、連絡はLINEだけで事足りるようになるでしょうね。すでに女子高生を中心とした若い層はそうなりつつあるようです」

 ITライターの田口和裕氏はこう語る。ユーザー数が飛ぶ鳥を落とす勢いで増えているだけでなく、アクティブユーザー数(幽霊ユーザーを除いた数)がほかのSNSと比べて圧倒的に多いのだという。

「Facebookがアクティブ1300万人程度と言われているところ、LINEは推定2800万人。そして、アクティブ率でいえば9割。これは驚異的な数字ですよ」(田口氏)

 そこで今回は、今からでも間に合う、LINEの使い方に迫った。

【トークとは?】

LINE

メッセージやスタンプを送れるのは「友だち」になってる人のみ。LINE上で自分や相手の携帯番号が表示されることはない

 LINEの要となるのが「トーク機能」だ。ほぼこの機能しか使ってないという人も多い。テキストと絵文字でメッセージを送れて、無料通話もできるのが基本的な機能で、Skypeとほぼ同じ。田口氏によると、「Skypeよりも使い方が簡単だから、若い層だけでなく、年配の方でもLINEを使い始めていると聞きます」とのことだ。

 ほかのSNSでは、マイミクを申請したり、フォローする人を選んだりといった作業が必要だが、LINEではアドレス帳を同期することで、下記の画像のように“友だち”の欄に、自分が携帯番号を登録している人で、かつLINEを使っているユーザーが自動的に表示される(※設定による)。

⇒【画像】はこちら http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=301130

「今までのSNSと大きく違うのがここで、もともと番号を知っていて仲のいい間柄の人との連絡手段だったり、恋人同士でスタンプで会話してイチャついたり、親密な人と仲を深めるツールです」(田口氏)

 そして、特徴的かつ、ヒットの最大の要因ともなっているのが“スタンプ”。メッセージとともに、大きな絵文字のようなものをワンタッチで送信できる。スタンプには無料のものも数多くあり、なかでも左の画面に登場するLINEのオリジナルキャラクター・ムーンは、ゲームセンターの景品になるほど人気を博している。

⇒【画像】はこちら http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=301119

「LINEのスタンプは、“スタンプで気持ちが伝わる”と宣伝しているだけあり、それだけでの会話も成り立つため、ほとんど文字を書く必要がありません。その気楽さがウケたのでしょう」(同)

 特に、メールの文字打ちが面倒だった人は、言いにくいこともすべてスタンプで誤魔化せるLINEは助けとなるかもしれない。

【田口和裕氏】
ITライター。ITやソーシャルメディアのジャンルを幅広く執筆。『Facebook集客術』(秀和システム)など著書多数

取材・文・構成/朝井麻由美
― 今さら聞けないLINEの使い方【1】 ―

Facebook集客術

イマドキ集客はSNSで!

ハッシュタグ




おすすめ記事