エンタメ

独立ローカル局発のバラエティが面白い!今秋は「新撰組」が登場

 独立ローカル局が合同で制作している人気番組『戦国鍋TV~なんとなく歴史が学べる映像~』(以下『戦国鍋TV』)の後番組として、10月6日より新撰組をテーマにした『TV・局中法度!』がスタートした。

TV・局中法度!『戦国鍋TV』とは、tvk(テレビ神奈川)チバテレ(千葉テレビ)テレ玉(テレビ埼玉)サンテレビ(サンテレビジョン/兵庫)の独立局4局が合同で制作する歴史バラエティ。『TV・局中法度!』もその流れをくみ、ドラマ、歌、歴史コント、城巡りロケなどのコーナーで構成されており、どのコーナーでも「なんとなく史実が学べる」ようになっている。

 例えば、ドラマパートは新撰組の日常を描いた「新撰組~誠の書~」。

「京で名を挙げつつある新撰組のもとへは入隊志願者が続々やってくる。新入りの隊員同士でケンカがおこり、いつもは温厚な沖田総司がブチ切れる……。」

 ドラマのメインストーリーは史実のエピソードを元に構成。隊士が洗濯をしたり、饅頭に飛びついたりなど、普通描かれない日常をかいま見ることができる。

 近藤勇役に石ちゃんこと石塚英彦、土方歳三に佐藤二朗、若き隊士たちには若手俳優集団、D2メンバーを起用。さらにゲストとして板尾創路やふかわりょう、ミッキー・カーチスなどの大御所が「あの人物」に扮して登場予定だとか。

 歌のコーナー「局中音楽館」では、「脱☆ローニング武士メン」による「LOVE隊士」と「DAN-DARA團」が歌う「One Night改めである!」が披露された。

 言葉面だけ見ると、何のことやらわからないと思うが、「脱☆ローニング武士メン」はD2総出演の16人編成! キラキラの衣装を身にまとったイケメンたちが、数多い隊士の自己紹介的ソングを歌い、踊る。「One Night改めである!」は5人だけで斬り込んだ池田屋事件の戦闘を歌詞にしている。

⇒「脱☆ローニング武士メン」「DAN-DARA團」の画像はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=308422


 番組内で取り上げるのは新撰組だけではなく、徳川家康が新人刑事に扮した「新人刑事家康」ほか、様々な時代の歴史コントや、お城にリポーターが出向き築城主から城に込めた思いを聞く「城熱大陸」などもラインナップされている。

 こうした独立ローカル局発の歴史バラエティムーブメントについて、女流時代劇評論家のペリー荻野氏は「一見ゆるい感じがしつつ、実はとても戦略的ですよね」と分析する。

「DVDなど2次メディアや、派生するイベント、他局へのネットなど、戦略があって、『戦国鍋TV』の成功が引き継がれている。独立局の放送なので、秋葉原に行ったら会えるアイドルAKBの逆をいくような、都心では見られない焦燥感という、逆転の発想が面白いですね」

 今時、タイムスリップという手を使えば何でもできるのに、あえて「歴史からはみ出さない」という制約をつけているのがさらにいい、と荻野氏。

「今年は、変わった時代劇がいろいろ出てきています。将軍が男女逆転した『大奥』(10月12日~TBS)、信長が女だった!?という設定の『女信長』(12月末放送予定、フジテレビ)、宝塚で『JIN-仁-』も始まりますし。『水戸黄門』という重しがなくなり、『歴史秘話ヒストリア』(NHK)とはひと味もふた味も違う歴史バラエティが乱れ咲いている。そんな中、『TV・局中法度!』は、ローカルから飛び出してきた注目すべき存在です。

 忠臣蔵、白虎隊、そして新撰組。イケメンを一番美しく見せるのは滅びの美学ですよ。もう皆さんそろそろ美少女集団には食傷気味かと思いますので、滅びゆく美青年集団に着目してはいかがでしょう? かく言う私も新撰組の隊士は5人くらいしか知りません。この番組を見て勉強したいと思います(笑)」

●番組公式サイト
http://www.tvk-yokohama.com/kyokuchu/index.html

(C)2012TV・局中法度!

戦国鍋TVビジュアルBOOK

“なんとなく”歴史を学ぼう!




おすすめ記事