エンタメ

“夜食テロ”再び! 「孤独のグルメ Season2」放送開始

孤独のグルメ,夜食テロ

Season2では、前作ではあまり登場しなかった五郎の大好物・甘味もガッツリ。パワーアップした松重の演技にも注目

   世に多くの「食べ物マンガ」はあれど、こんなに淡々と食べているシーンを描いているのはこの作品だけだろう。「ひとり飯ブーム」の先駆けともいえるマンガ『孤独のグルメ』だ。12年初めに深夜枠でTVドラマ化されるや「この時間にこのうまそうな映像は拷問!」「夜食テロか!」と、悲鳴にも似た称賛の声が多数寄せられた。その続編、「孤独のグルメ Season2」がいよいよ放送開始! 前作より開始時間を少し繰り上げ、放送時間も拡大してのスタートとなる。

「とにかく業界内視聴率が高いのが驚きでした。他局のドラマのスタッフも続編を待ち詫びていたようですよ(笑)」とは前作に引き続き主演を務める松重豊さんだ。

   松重さん自身は、ひとり飯の思い出はあるのだろうか?

「ありますよ。京都で長期間の撮影があったときは、おばちゃんがひとりでやってる煮鯖定食の店で、毎晩ひとり飯してました。……美味いんです」と噛みしめるような表情は井の頭五郎そのもの。「原作では、嫌な店主をアームロックでねじ伏せる回が好き。スカッとしますよね。僕もたまにそんな気持ちになる店に遭遇することがあるので。まあ、ドラマではできませんけど(笑)」

 実在の店で撮影しているだけに店主との喧嘩シーンは難しいが、酔客をたしなめたりする際に顔を出す、五郎の武闘派な一面を観たいファンも多いはず。

 前作よりさらに「美味しそうに食べるシーン」に注力した点もSeason2の見どころだ。とはいえ、松重さんが演技上で気をつけていることは「とにかく無心に食べること」だけなのだとか。これは、演じるときだけでなくモノを食べること自体にも通じる真理なのかもしれない。モノを食べるときは「独りで静かで豊かで」「救われていなきゃあダメなんだ」という五郎の金言が聞こえてくるようだ。

  秋の夜長、深夜に空腹をこらえながら、モノを食べる喜びを改めて噛みしめてみてはいかがだろう。 <取材・文/牧野早菜生>

 【ドラマ情報】
個人輸入雑貨商の井之頭五郎が、様々な店で食事をする様子をただ淡々と、ひたすら丁寧に描いた深夜ドラマの、待望の続編。小誌で不定期連載中の原案マンガ(原作・久住昌之、作画・谷口ジロー)は20万部超のベストセラー。原作者自らロケの店を訪れる「ふらっとQUSUMI」も必見! 出演/松重豊ほか 10月10日(「神奈川県川崎市新丸子のネギ肉炒め」)より毎週水曜23:58~テレビ東京系にて放送

孤独のグルメ 【新装版】

読むだけでヨダレが!




おすすめ記事