デジタル

【Windows8】軽い気持ちで乗り換えは危険!?

待望の(?)「Windows 8」が誕生した。だがこの新OS、いつもの「新OS」とはワケが違うシロモノ。なんとなく導入する前に必ず読むべし!

◆Windows8は、従来のウィンドウズOSとは“別物”

Windows8 去る10月26日、全世界で一斉にウィンドウズの新OS「Windows8」が発売された。この新OS、後述の理由によりマイクロソフト社の気合が入りまくっており、来年1月末日までの期間限定で、アップグレード版が3300円という安さで提供されている(オンライン販売のみ)。

「いい機会だから乗り換えようかな」と軽い気持ちで考えた人もいるだろう。だが、ちょっと待ってほしい。まず、ユーザーが心に留めておくべきは、Windows8はこれまでのウィンドウズOSとは“別物”だということ。XP→Vista→Windows7と続いてきたこれまでのアップグレードと同様に考えると、痛い目に遭う。

 論より証拠。Windows8を立ち上げてみよう。見慣れたスタートメニューの代わりに、「タイル」(カラフルな四角のパネル)が画面に並んでいる。これが、新OSのホーム画面「モダンUI」だ。タイルの一枚一枚にメールやカレンダーなどの“アプリ”が割り当てられ、なかには天気情報やSNSの更新情報を表示した“ウィジェット”のようなタイルも。Windows8はタッチパネル対応なので、これらのタイルに直接タッチすればアプリが起動する。つまり、使い勝手はスマートフォンやタブレットPCに極めて近い。

⇒「OSの“大改革”はなぜ必要だったか?」に続く
http://nikkan-spa.jp/331448


Windows8
― 知らないとひと苦労!? 「Windows8」デビュー講座【1】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事