雑学

“元夫婦”が仰天エピソードを語るラジオ「離婚さん、いらっしゃい。」

離婚式

離婚式を150組以上プロデュースした寺井氏と、3度の離婚経験を持つhirokoさんという“離婚のプロ”2人がパーソナリティを務める

 仲人ならぬ「裂人(さこうど)」のスピーチや、2人の最後の共同作業「結婚指輪をハンマーで叩き壊す儀式」などが行われる、離婚夫婦のためのセレモニー「離婚式」。詳しい内容は以前に日刊SPA!の記事(http://nikkan-spa.jp/117812)でも報じた通りだが、その離婚式の考案者である寺井広樹氏が、今度は『離婚さん、いらっしゃい。』というラジオ番組をスタートさせた。

 KBS京都で毎月最終日曜日の午後5時30分~40分に放送されているこの番組は、円満離婚した元夫婦をゲストに招き、円満離婚の秘訣や、離婚にまつわる驚きのエピソードを語ってもらう……という内容。パーソナリティを務めるのは寺井氏と、自身も3度の離婚歴を持つ、アーティストプロデューサーのhirokoさんだ。今回弊誌は、その第三回放送(12月30日予定)の収録現場に潜入。内容の一部をレポートする。

 この日のゲストの元夫婦は、アヤさん(33歳・配送業)、オサムさん(37歳・印刷業)の2人。2007年に結婚し、子供(現在3歳)をもうけた2人だったが、ともに仕事が忙しかったこともあり、子育ての分担などで双方がストレスを感じるように。そして今年の2月に離婚に至ったそう。

 変わっているのはその先。実は2人、今も50mほどしか離れていない近所に住んでいるのだ。「何でまた?」とhirokoさんが問いかけると、「子供が小さい間は、父親にいつでも会えるような環境にしてあげたかったので、私から提案しました」とアヤさん。土日を中心に、2人は週に2~3回は会っているのだそう。

 そして、全く仲が悪そうには見えない2人を見たhirokoさんが、「もしかして2人……まだセックスとかしちゃってます?」とムチャな問いかけをすると、なんと2人から「まぁ……」と回答が!150組を越える離婚式をプロデュースしてきた寺井さんも、「これは円満離婚さんにも珍しい」と驚いている様子だった。

 続きの内容はぜひ放送で確認してほしいのだが、このように毎回、にわかには信じがたい離婚夫婦のエピソードが登場するのが、番組の醍醐味。寺井さんは「結婚にいろいろな形があるように、離婚の形にも、いろいろなものがある。離婚をしたからこそ、前向きになれる夫婦もいます。番組をお聞きのみなさんも、この番組を離婚を前向きに捉えるきっかけにしてほしいですね」と語っていた。

 なお今後の放送は11月25日、12月30日の予定。新たにスポンサーを獲得すれば、番組は年明け以降も存続する予定だそう。聴取可能な地域にお住まいの方は、ぜひ実際の放送を聞いてみよう! <取材・文/古澤誠一郎>

バカが武器

バカとハサミは使いよう

ハッシュタグ




おすすめ記事