雑学

政党乱立!いちばんダサい政党名はどれか?

民主くん

民主党のゆるキャラ「民主くん」

 12月16日投開票の衆院選に向けて「14党が乱立」と言われても、その14党と党首を正しく挙げられる有権者は少ないだろう。政党名もグジャグジャである。

 そこで、週刊SPA!では、新しめの10党について、アンケートで「一番センスが悪い党名は?」と訊いてみた(21~69歳の男女計100人)。

 センスの悪い党名、ぶっちぎりの1位は小沢一郎氏の「国民の生活が第一」(47%)。このフレーズはもともと民主党のキャッチコピーだったために、選挙区によっては民主党宣伝カーに「国民の生活が第一」とデカデカと書かれており、「他党の宣伝をするのか?」と問題視されるマヌケな状況になっているという。

 センスの悪い党名、2位は鈴木宗男氏率いる「新党大地・真民主」(12%)。3位は、今はなき「太陽の党」(11%)。石原慎太郎氏の「太陽の季節」にちなんだ「太陽の党」については、アンケートでは「古い」「期待できなそう」「ダサい」と、さんざんな声だったが、泡沫感あふれるその名前のとおり、たった3日で解党が発表されてしまった。

 ここで心配になるのは、妙な党名が海外でどう報じられているかだ。世界で失笑を買ってはいまいか?

 英語表記は党が自分で決めていいのだが、「国民の生活が第一」は「People’s Life First party」。太陽の党は、英字新聞などでは「Sunrise Party」または「Party of the Sun」と報じられていたが、太陽エネルギーを推進する党と誤解されそうだ。

 太陽の党に合流して解党した「たちあがれ日本」は「StandUpなんちゃら」かと思ったら、「The Sunrise party of Japan」だった。日本維新の会は、維新=革命ということで、Revolutionなんちゃらという左翼風の名前かと思えば、「Japan Restoration Party」。Restorationは「もとに戻す」が原義で、「王政復古」の意味もある。よく考えれば、明治維新(the Meiji Restoration)は革命というより、天皇復権=王政復古だった。

 みんなの党「Your Party」は「あなたたちの」とラブコールされても困るし、河村たかし氏の減税日本「Tax-cut Japan Party」は直訳そのまんまだし、山田&中田宏氏らの日本創新党「The Spirit of Japan Party」は日本精神党?右翼?と思ったら先日解党してしまった。もういっそ、公明党「New Komeito」という謎のローマ字表記が新鮮に見えてくる。

 と思っていたら、今度は新党「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」が誕生したが、「Tax-cut、Anti Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement、anti-nuclear power…」云々という世界史上最長党名になるのだろうか?

 週刊SPA!11/27発売号「ニッポンの政党【(笑)盛衰史】」では、もはや誰も把握できない政党系譜をおさらいすると共に、スポーツ平和党・大日本愛国党・「開星論」のUFO党などの当事者に話を聞いた。 <文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!12/4号(11/27発売)

表紙の人/有村架純

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事