韓流にハマる嫁、夫を“韓流スター”のような見た目に大改造

草食系男子だの肉食系女子だのと、男女のパワーバランスも劇的な変化を遂げ、「黙って俺についてこい!」なんて大口はもはや叩けないシビアな時代。巷では、“俺色”ならぬ“彼女色”に染められた男たちが急増中。言われるままに女に改造された男たちを一挙紹介! 心して見るべし

【外見編】
◆髪型、服装、家での会話もハングル語という徹底ぶり

韓流スター風に

彼らの愛の巣には韓流ポスターやグッズがズラリ。食事もほとんど韓国料理。「マシソヨ」と褒めることがルール

韓流にハマる主婦は多いが、旦那にまでその趣味を反映させてしまう嫁もいる。旦那の近藤大作さん(仮名・31歳・営業)は、ツーブロックヘア ショッキングピンクのカーディガンというやや奇抜な装いで取材に応じた。

「韓流タレント雑誌の切り抜きを持たされ美容院に行っています。嫁は『後ろがワカメちゃんみたいでかわいい!』と大喜び。洋服も基本、ほぼ嫁が選んだものです。韓流スターってかわいらしい男性が多いので、ワイルドにならないように着せ替えられています」

さらに、ハングル語を習っている嫁は、家での会話も日本語禁止にするという徹底ぶりだが、近藤さんはまんざらでもなさそうだ。

また、憧れのアイドルと同じようなファッションにプロデュースしたがる女性は多いようで、「EXILEのATSUSHIが好きな彼女の命令で、丸刈り、ヒゲ、日サロ通いをしています。全然似てませんが」(33歳・広告)、「ジョン・レノンを崇拝する彼女と付き合って以来、ロンゲと丸めがね。なぜビートルズ時代じゃないんだか」(27歳・機械)など、もはや自分の欲望を満たしたいだけにもみえる。

― 彼女&嫁に[改造された男]大集合【1】 ―




おすすめ記事