スマホで撮影した画像を管理するオススメのクラウドサービス

iPhoneやAndroidのカメラが高性能になるにつれ、デジカメの代わりにつかっているという人も多いはず。そこでIT・ビジネスライターの柳谷智宣氏オススメのスマホで撮影した画像を管理しやすいクラウドサービスをご紹介

◆Dropbox(ドロップボックス)


無料で利用できる容量は、友人を招待するなどして増やしていくことができる

アメリカのドロップボックス社が運営するオンラインストレージサービス。パソコンのフォルダにファイルを入れるだけで、データの共有や同期が行える。iPhone、Android用のアプリ(無料)もあり、撮影した写真を簡単にアップロードしたり、クラウドのデータを閲覧したりすることができる。2GBまで無料で使えるが、利用可能な容量が増える有料サービスもある

【ココがポイント】
フォルダを作ってデータを入れるだけで、誰でも手軽に写真を管理できる!

◆Evernote(エバーノート)


データをきっちり管理したい人や、ビジネスにも利用するといった人は使いやすい

パーソナルクラウトサービスのひとつで、アメリカのエバーノート社が運営。Evernoteの大きな特徴は、保存したファイルをほぼ自動で分類管理でき、検索できる点。これにより、さまざまなファイルをデータベース化して管理しやすい。アップロードの上限が月間60MBの無料版と、1GBまでの有料版があり、Android、WPhone7のアプリ(無料)もある

【ココがポイント】
検索性が高いので、写真をデータベース化して管理するのにピッタリ!

◆Flickr(フリッカー)


スマートフォン用のアプリには無料と有料のものがあり、使える機能に差がある

世界的に有名なオンラインフォトストレージサービス。アメリカのYahoo!社が運営しており、日本語化されていないのが難点だが、タグと呼ばれるキーワードをつけて分類、検索できるほか、プライバシーを細かく管理できるなど、使える機能が多い。無料版では月間アップロード容量が10MBまで利用でき、さらに有料版なら無制限にアップロードできるようになる

【ココがポイント】
玄人向けだが、多機能なので使いこなせればできることがグッと広がる!

ハッシュタグ




おすすめ記事