デジタル

折りたたみ式ポメラ史上最薄の29mm!「DM25」の実用度は?

【キングジム ポメラ DM25】


2秒で起動し、単4形アルカリ乾電池2本で約20時間使えるデジタルメモツール。640×480ドットの5型モノクロ液晶と17mmピッチのキーボードはそのままに、折りたたみ式のポメラとしては最薄の厚み29mmを実現している。縦書き表示や1行あたりの文字数の指定が可能になり、通常サイズのSDHCカードにも対応した。サイズと重量はW145×D100×H29mm/約360gとなる。実勢価格2万7000円。

ポメラ DM25◆折りたたみポメラの最上位DM25の進化の度合いを探る!

「DM25」は、ポメラの原型といえる折りたたみ式の最強モデルだ。折りたたみ上位の「DM20」と同じ画面サイズとキーピッチを確保しながら、重さ10g、厚さ4mmのダイエットに成功。モバイルガジェットとしての魅力が磨かれている。それでいて機能面の充実ぶりも目を見張る。ポメラ唯一のストレート型にして最上位の「DM100」から、縦書き表示やグリッド表示、文字数や行数を指定した表示モードを取り入れており、多彩なスタイルでメモできるようになっているのだ。画面いっぱいを使うプレーンな横書きスタイルも便利だが、メモを使う書類の体裁が決まっているなら、それに合わせて書いたほうが作業効率は確実に上がる。加えて、月間表示だけだった「日付メモ」モードに週間表示がプラスされたほか、漢字変換エンジン「ATOK」に、PC版のユーザー辞書が取り込めるようになったのも見逃せない。

ポメラDM100

併売しているポメラ最上位の「DM100」は折りたたまないストレートタイプとなる。DM25は折りたたみ式の最上位という位置づけだ

 システム手帳のような柔軟なスケジュール管理と、メインPCで使い慣れた入力性が組み込めるようになっているのだ。DM100のようなBluetoothキーボード機能は持たないが、道具として確実に使い道を広げている。打ち合わせのメモや新企画の草案、本格的な報告書から緻密なスケジュール管理まで、あらゆる場面で最上の入力環境が素早く整えられるはずだ。DM25本体には最大3万字のファイルを最大1000個保存できるが、その容量を十分に活用できる度量があるといえる。

 ただ、いざ購入となると、どうしても価格面が気になってしまう。ポメラシリーズは従来モデルも併売されており、新モデルが登場するたびに市場価格が下がる。実勢2万7000円は決して高くはないが、店頭で隣に並ぶ実勢1万7000円弱のDM20や2万5000円のDM100を見ると、絶対に目移りしないという自信はない。ラインナップの機能差を見極め、これだ!という強い確信を持って買うべき製品だ。

古田雄介

◆サブカルライター・古田雄介の物欲刺激度 2/3

操作の幅が限定される屋外ではシンプルな道具を好むライター

◆編集担当Kの物欲刺激度 2/3

ポメラは、スマホのメモ機能では物足りないし、ノートパソコンは重すぎる人にはいいと思うが、両方を常に苦もなく持ち歩いているワタクシはイマイチ魅かれないわけで。移動中はスマホ、机がある場所ならパソコンで作業するスタイルで十分なのです。今のところポメラが入り込む余地はない、かな

キングジム ポメラ DM25

見やすさにこだわった大画面

ハッシュタグ




おすすめ記事