R-30

小顔に憧れる男達は、糸でたるみを引き上げる

 男性向けの美容整形の世界では、昔から「二重まぶた」と「鼻」の手術は希望が多かったが、いま注目を集めているのは、小顔に矯正する「小顔エンジェルリフト」。これは、頬のフェイスラインを引き上げて「小顔」にする効果のほか、たるみを解消し、ほうれい線や毛穴を目立たなくする施術だ。

 従来のリフトアップの場合、メスで皮膚を切開するため、手術は1時間程度かかるのが一般的だが、「小顔エンジェルリフト」は、特殊加工された糸を使用し、「切らずにリフトアップできる」のがウリ。20分ほどで済むうえ、皮膚を切開しないから「腫れない」「内出血もない」のだとか。また、通院の必要もなく、1回でできるという(※個人差あり)。

「見た目年齢で5歳から10歳若返るのが一般的で、施術直後に『感動した』と言う患者さんが多いですね。たるみによる“ブルドッグライン”がなくなるため、『あ、昔の自分の顔だ!』とおっしゃいます」(品川スキンクリニック品川院院長・弓削田浩主氏)

⇒【写真】「小顔エンジェルリフト」施術の前後
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=433155


◆歯医者のような感覚でリフトアップ

 リフトアップで余った「たるみ」の部分の皮膚は、最初のうちはわずかな膨らみになるものの、すぐに吸収される。個人差はあるものの、数年後加齢によるたるみが気になった場合再施術も可能。ちなみに費用は、44万8000円。もちろん安いとはいえないが……。

「男性の場合、調べずになんとなく来院して、『明日から仕事に行ける』と驚いて、その日のうちに手術に踏み切る人が8割程度もいます。施術後に休んでいく必要もないので、歯医者の治療を受けるくらいの感覚です。男性の場合は、通院回数ができるだけ少ないほうを選ぶ人が多いですね」

 週刊SPA!5/7発売号では「メンズ美容の最前線」を紹介している。プチ整形から陰部脱毛、驚きの化粧品へのこだわりまで! <取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!5/14号(5/7発売)

表紙の人/小野恵令奈

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事