恋愛・結婚

ぽっちゃりの基準は「肌がムッチリ、肉感的な童顔巨乳」

グラビア界でぽちゃドル需要が急騰中。女性誌でもたびたびぽっちゃり向けファッション特集が組まれるなど、熱い注目を集める“太いだけじゃない”女のコの真の魅力を探究する。

◆今愛される“ぽっちゃりの基準”を考える!

水樹たま

アンケートに使ったパネルと同じ写真

 ぽっちゃりと一言で言ってもその“基準”は曖昧である。まずはぽちゃドルとして人気の水樹たまの等身大パネルを見せて、彼女がぽっちゃりなのかどうか、新橋のサラリーマン100人に聞いてみた。

「体は確かに太いけど、顔が小さいのでバランスがいい。許容範囲」(27歳・食品)、「丸顔で“ヤれそうな感じ”がポチャ」(37歳・金融)というぽっちゃり派が52人、「全体的に重力に抗えず、特に膝の上にお肉がのっている」(24歳・公務員)というデブ派が30人、「女性って脱いだらみんなこのくらいじゃないですか?」(29歳・建築)というフツー派が18人。半数以上が彼女をぽっちゃりと認定した。

 ちなみに『CanCam』は身長155cmに対して体重52~64kgが「ぷに子」としているが、男性からすると「ぽっちゃりかどうかは数字では測れない。基準は見た目」(30歳・コンサル)だ。

「丸顔でムッチリ感があったらぽっちゃり。それに二重あごがプラスされるとデブ」(27歳・製菓)、「水樹たまの体形で山田花子の顔だったらアウト。恋愛対象として見えるかどうかでしょ」(33歳・証券)という、まずはパッと目につく顔で判断する。次いで「細いはずの足首が太かったらデブでしょ」(35歳・印刷)、「二の腕が太ももに見えたらデブ」(24歳・商社)など露出している肌に着目。

 また、見えなくとも“おっぱい”も重要。

「走ったときに胸が揺れるのはポチャ。腹まで揺れたらそれはデブ」(24歳・広告)、「肉づきはいいのに胸がないのは詐欺。お腹と差がないようではデブです」(33歳・出版)。

 そして最後に、性格面。「デブは卑屈、ぽっちゃりは明るいイメージ」(28歳・広告)。「ダイエット成功者の話に興味津々なのがぽっちゃり。聞く耳を持たないのがデブ」(29歳・銀行)。つまり、かわいくないとデブ扱い。“肌がムッチリと肉感的な童顔巨乳”こそぽっちゃりと認定されるのだ。

【水樹たまちゃん】
’85年、埼玉県生まれ。T153B94W60H94。「グラビアン魂」は週刊SPA!2013年4/30・5/7合併号に掲載(http://nikkan-spa.jp/gravure/427158)。ムチムチボディと明るいキャラで人気の彼女は、待望の最新DVD『想いのままに』が絶賛発売中! オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/mizuki-tama/

― なぜ今[ぽっちゃり美女]に魅かれるのか【2】 ―

想いのままに

舞台はバリ島。秘書のたまちゃんが何でも言うこと聞いちゃいます




おすすめ記事