男性ビジネスマンの80%が「韓国嫌い」

現在35歳の読者が学生だった頃、つまりほんの十数年前まで「韓国が大嫌いだ!」という日本人はそう多くなかった。ところが今や「嫌韓派」は堂々たるマジョリティ。夕刊紙は嫌韓記事を日々連発、韓国批判がテーマの新書はたちまち増刷。一体なぜか? それを検証すべく、’00年代以降に起きた韓国関連の主な事件をピックアップ。300人アンケートから「当時、韓国への反感が増した」と回答した人の割合を年表にまとめたところ、’11年頃を境にムカツキ度が加速していた。 Q:韓国についてどう思いますか? 【男性ビジネスマン100人】 ・大嫌い:45人 ・どちらかと言えば嫌い:35人 ・どちらかと言えば好き:17人 ・大好き:3人 【学生100人】 ・大嫌い:28人 ・どちらかと言えば嫌い:27人 ・どちらかと言えば好き:32人 ・大好き:3人 【専業主婦100人】 ・大嫌い:27人 ・どちらかと言えば嫌い:28人 ・どちらかと言えば好き:32人 ・大好き:3人 <年表> ◆2001~2006年韓国ムカつき事件簿 ※%の数字は「当時、韓国に対する反感が増した」と回答した人の割合 【’01年】 ●『新しい教科書』の内容に対し、韓国が抗議&内容修正を要求 内政干渉レベルの迷いなき反抗。当時は日本国内の有識者からも「加害の記述を後退させた!」などの批判があり、日本での反応は今では考えられないほど薄め:19.3% 【’02年】 ●サッカーの日韓ワールドカップ開催 ※現在の嫌韓の源流を作った記念碑的事件 日韓ワールドカップ日韓友好のお題目とは真逆の方向へ突き進んだ負のターニングポイント(詳細はhttps://nikkan-spa.jp/539571)。「当時は義憤に震えた。あれこそが大きな一歩だった」(38歳・自営業):23.7% 【’03~’04年】 ●『冬ソナ』ブーム 来日ヨン様に狂喜する主婦軍団へ、冷ややかな視線も降り注いだ。メインカルチャー「韓流」に対するサブカル「嫌韓」の橋頭堡がここに築かれたのである:10.7% 【’05年】 ●島根県「竹島の日」制定に対して、韓国で大規模抗議デモ 島根県「竹島の日」制定に対して、韓国で大規模抗議デモ韓国政府は竹島への民間人上陸を解禁。今や愛国者感涙の観光地だとか。以後「独島を取り戻せ」デモは恒例行事に。’08年には日本の国鳥・キジをハンマー撲殺祭り!:58% ●マンガ『嫌韓流』出版 「嫌韓」の概念を一気に広めた問題作。同書は新聞社の紹介するamazon売り上げランキングから排除されるなど、マスコミにおける韓国の取り扱い方も露わに:15.7% ~第1次嫌韓ブーム@インターネット~ ●16社の輸出用キムチから寄生虫卵が検出される 土中の人糞、動物の糞尿が感染源と見られ、衛生管理の問題や意識の低さが露呈。東京新聞のコラムは「なあに、かえって免疫力がつく」と無理やりフォロー:24% 【’06年ごろ】 ●ネットニュースの「まとめサイト」で韓国系の記事が増えだす 嫌韓人口の増加とともに、韓国の実態?を伝えるまとめサイトが多数出現。「トンスルや韓国起源説などのユニークな韓国文化は、ここで知りました」(40歳・主婦):30.7% ⇒「2007~2013年韓国ムカつき事件簿」に続く ― 日本人はなぜこれほど韓国が嫌いになったのか?【1】 ―
嘘だらけの日韓近現代史

日韓近現代史の「真実」を明らかにすることで、厄介な「隣人」の正体を描きだす

マンガ嫌韓流

ネット上で数年前から巻き起こってる“嫌韓”というムーヴメント。その嫌韓をテーマにし、日韓関係、韓国、韓国人についてマンガという形で正面から切り込んだ

Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事