エンタメ

リリスク、スパガ、ドリ5…師走もインストアイベントが盛り沢山【週末アイドル情報】

 いよいよ12月に突入、2013年泣いても笑ってもあと1か月を切りました。そんな師走、年の瀬。何かと入り用で「節約しなきゃ」という方も多いかと思います。そんな状態でも楽しめるのが『アイドルインストアイベント』。今週もお財布に優しいイベントだけを集めました。

lyrical school

lyrical school/わらって.net/My かわいい日常たち

 最初に紹介するのはlyrical schoolによるインストアイベント。結成当初「アイドルがラップ!?」と珍しがられていたのも今は昔、高水準の楽曲と確かなスキルですっかりアイドルラップを定着させた感すらある彼女たち。そんな現行アイドルシーンにおいてのアイドルラップのパイオニアとも言える彼女たちのステージ、1度見たら癖になること間違いなしです!

◆lyrical school『わらって.net/Myかわいい日常たち』リリースイベント

日時:2013年12月7日(土)1部・13:00~、2部・15:00~
場所:タワーレコード 西武東戸塚店
イベント内容:ライブ&特典会

※詳細は公式HPへ⇒http://lyricalschool.blogspot.jp/2013/12/live127.html

日時:2013年12月8日(日)1部・13:00~、2部・15:00~
場所:ららぽーと柏の葉
イベント内容:ライブ&特典会

※詳細は公式HPへ⇒http://lyricalschool.blogspot.jp/2013/11/128.html

前島亜美 from SUPER☆GiRLS

前島亜美 from SUPER☆GiRLS/センチメンタル・ジャーニー

 続いて紹介するのはSUPER☆GiRLSによるカバー曲3タイトル同時リリース記念イベント。3タイトル全てがカバー曲という今回のリリース。70年代の『年下の男の子』、80年代の『センチメンタル・ジャーニー』、90年代の『ジンジンジングルベル』と、各世代を代表するアイドルソングのカバーとなっており、当時青春を送った人には懐かしく響くのではないでしょうか。「キャンディーズはランちゃん派だったんだ」なんていうお父さんから、元の曲を歌っていたのが誰だかわからない平成生まれの若者まで、あらゆる世代のアイドルファンにオススメのイベントです!

◆SUPER☆GiRLS 3タイトル同時リリース発売記念 ライブ&握手会イベント

日時:2013年12月7日(土)13:00~
場所:ラゾーナ川崎プラザ
イベント内容:ライブ&特典会

※詳細は公式HPへ⇒http://supergirls.jp/live/20131207.html#131207

乙女新党

乙女新党/お受験ロッケンロール

 最後は駆け足で3組のアイドルイベントをご紹介。年末年始の“受験戦争”の雰囲気を明るく吹き飛ばしてくれる軽快な新曲『お受験ロッケンロール』を発売した乙女新党、TBSラジオ推薦曲として2ndシングル『バニラな空』が選ばれ、ラジオで名前を聞く機会がグンと増えたつりビット、デビュー4年にして念願の初オリジナルアルバムを発売したDream5。選ぶのは難しいですが、残念ながら身体は1つ!どれに行くかたくさん悩んでくださいね。

◆乙女新党『お受験ロッケンロール』発売記念イベント

日時:2013年12月7日(土)1部・13:00~、2部・15:30~
場所:ららぽーと柏の葉
イベント内容:ライブ&特典会

日時:2013年12月8日(日)1部・12:00~、2部・15:00~
場所:アリオ川口
イベント内容:ライブ&特典会

※詳細は公式HPへ⇒http://otomeshinto.com/live.html

◆つりビット2ndシングル『バニラな空』発売記念イベント

日時:2013年12月7日(土)15:00
場所:ダイバーシティ
イベント内容:ライブ&特典会

日時:2013年12月8日(日)16:30
場所:HMV大宮アルシェ
イベント内容:特典会

※詳細は公式HPへ⇒http://www.tsuribit.com/schedule.html

◆Dream5『まごころ to you』発売決定記念イベント

日時:2013年12月7日(土)18:30~
場所:アキバ☆ソフマップ1号店
イベント内容:ライブ&特典会

※詳細は公式HPへ⇒http://avex.jp/dream5/live/detail.php?id=1010302

DDマツ【DDマツ】
日刊SPA!編集部の雑用係兼『週末アイドル情報』担当。AKB48をきっかけにアイドルオタクになる。その後色々なアイドルを見るうちにDD(誰でも大好き)化していった。移動中はTBSラジオを聞くことが多く、上記つりビットの件は驚きと嬉しさでニヤけていたら周囲に気持ち悪がられた

※イベント情報は変更になる可能性もございますので、公式サイト等をご確認下さい。
<文/DDマツ>

センチメンタル・ジャーニー

1980年代の名曲に前島亜美がソロで挑戦




おすすめ記事