【明和電機作品集】人間の声帯を模した、歌う楽器「セーモンズ」

ライブや展示で会える明和電機作品集 ◆パチモク 指に装着した100Vのスイッチを指パッチンの要領で反応させると、背負った可動式ウィングの先にある木魚がパチンと鳴る。明和電機の中でも最も古く人気のある楽器の一つだ パチモク ◆武田丸 武田真治がサックスをカッコ良く吹いているのを見た土佐社長が、悔しさのあまり作った楽器。暴走族のヤンキーホーンを搭載。ゴッドファーザーのテーマを奏でる 武田丸 ◆セーモンズ 人間の声帯を模した、歌う楽器。アコーディオンのような仕組みで左右に可動して、空気を送り込み、コンピュータ制御された人口声帯によって音程を変える セーモンズ ◆マリンカ 6枚の花びらがMIDIのプログラムによってノックされ、マリンバのような音を出す。ステージ上にズラリと並んだマリンカが花開き、音を奏でる様は圧巻だ マリンカ ◆メカフォーク フォークギターの押さえる・弾く・叩く動作をメカで行う。メカフォークの自動演奏にプラスして、自分で弦を押さえて連弾することも可能 メカフォーク ― 明和電機 電子楽器を大いに語る【3】 ―


ハッシュタグ




おすすめ記事