恋愛・結婚

結婚には自分を“モノ”として売り出すという発想が必要

ぐっどうぃる博士 結婚で悩む女性の相談を数多く受けてきたぐっどうぃる博士は、「結婚できない女性の特徴は自分を客観視できないこと」と語る。相手からどう見られているかという発想が欠如しているというのだ。

「自分と結婚することによって相手の男性がどう得するのか? そのことを全く考えたこともない人が多いですね。自分が買うだけの立場だと思っていて、自分も買われる存在なんだという認識がゼロ。これが結婚できない女性の典型的なパターンです。『自分のことをもっと愛してくれ』と言ったりね。だって彼女たち、自分のことを人だと思っているんですよ? 違うんです! 男性から見れば陳列されている商品なんですよ!」

 博士によると結婚できない女性は自分の好む男性と、なんとなく結婚できると考える傾向にあるが、そこが根本的に間違えているという。

「就職活動だってそうじゃないですか。面接で『フラダンスが好きです』とか言われても全然意味ないんです。『エクセルができる』とかが重要で。大切なのは、相手から見てあなたの商品価値はあるのかないのかっていう点なんです。結婚相手として得をもたらさない人が、無駄に高い条件だけを求めていても、それは選ばれるわけがない。だからSPA!読者の方も大手企業のやってる婚活サイトとかを見てほしいですね。愕然としますよ。44歳のスキルも美貌もないような女性が、結婚相手に高年収・高身長を求めたりしますから」

<結婚できる女はココが違う!>
●性的な視点
かわいいか? ヤレそうか?

●パートナーとしての視点
ダメ出ししない、居心地いい、一緒にいて飽きない

●結婚相手としての視点
年齢が重要。経済概念、料理が上手など

●男性の自由を邪魔しない
趣味や仕事の自由を許容できる

【ぐっどうぃる博士】
恋愛カウンセラー・理学博士。生命科学視点に基づいた恋愛メソッドを展開し、多くの女性の恋愛相談を受ける。「恋愛専門ドットコム」
http://www.rennai-senmon02.com/

― 結婚できない[男と女]の迷言に唖然【12】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事