スポーツ

J2が熱い!闘将・ラモス瑠偉FC岐阜監督を直撃

’10年W杯得点王&MVPフォルランがJ1に加入、6月にはブラジルW杯出場と’14年の日本サッカー界は熱気に包まれそうだが、J2も負けてはいない。我々の胸を熱くした伝説の男たちが続々とJ2の舞台に集結、火花を散らし始めたのだ!

◆今季、最も注目を浴びるFC岐阜。闘将・ラモス瑠偉監督を直撃!

ラモス瑠偉

ラモス瑠偉監督

 大型補強を行い「台風の目」といわれる岐阜の最大の“目玉”は何といってもラモス監督の就任だ。2年連続で残留争いをしてきたクラブが掲げる目標は10位以内。新生・岐阜には結果も求められる。7年ぶりにJリーグの監督へと復帰したラモス瑠偉は何を思うのか。

――開幕を控えた、今の心境は?
※インタビューは開幕前に行われたものです

ラモス:ワクワクしてる。いつか、またJリーグで監督をやりたいと思ってたから、今回話をもらったときは迷わずにやろうと思った。岐阜の人の期待を感じるし、その期待を裏切らないようにしたい。

――監督とともに、元日本代表の川口能活や三都主アレサンドロも加入したことで、注目度はJ2のなかでも屈指です。

ラモス:川口とアレックス(三都主)だけじゃなくて、MF宮沢やCB深谷などが来てきてくれて、少しは(岐阜に対する)周囲のイメージを変えられたと思う。みんなベテランだけど、他チームからもリスペクトされる選手。ただ、ラモスが来た、川口が来た、アレックスが来たから来年はJ1に上がれるとか、そんな考えは捨ててほしい。J2はそんなに甘くない。

――FC岐阜はここ数年J2で最下位争いをしてきたが、印象は?

ラモス:弱かった! 魅力のないチームだなって思ってた。このチームを強くするのは簡単じゃない。1年じゃ勝てるチームをつくるのは難しい。だからお金より3年(契約)にこだわった。1年でダメで「お払い箱」って言われるんだったら、俺は来たくなかった。じっくりチームをつくりたいし、J1に上がったら二度とJ2に落ちないチームにしたいと思っている。そのためには時間が必要。岐阜城だって1年では完成しなかったでしょ。時間をかけて造ったからこそ、地震に遭っても壊れなかった。Jリーグが始まった当初、鹿島にジーコが来て、Jリーグ王者になって世界中に知られることになった。岐阜でも同じことをやりたいと思ってるし、それが呼んでくれた岐阜の人への恩返しにもなる。

◆カズ、高木、ヤス、柱谷誰にも負けたくない

――どんなチームにしたいと?

ラモス:「闘えるチーム」。でも、ベテランも多いし、90分間ガンガン攻めるわけではない。諦めずに闘うという意味ですね。

――ベテランの川口やアレックスにはどんなことを期待しますか?

ラモス:やっぱりプロ意識や情熱を選手に伝えてほしい。練習場さえ定まらず日々転々とするなど環境は厳しいけど、W杯に出た選手がそこで一生懸命やっている。それを見た周りの選手は何も言えないし、若手は学ぶことが多い。

――ベテランが多いだけに、長丁場のJ2で移動の不安もあります。

ラモス:もちろん、夏までに貯金をつくらないといけない。移動も激しいし、疲労の回復には結構時間がかかる。難しいなと思うよ。

――カズのほか、水戸の柱谷哲二監督や長崎の高木琢也監督、東京ヴェルディの三浦泰年監督など、ドーハ組との対戦もあります。意識はしますか?

ラモス:どこにも負けたくない!柱谷に負けたくないとか高木に負けたくないとか、そんな特別な感情はないけど、どことやるときも同じ気持ちでやるのが俺。

※【後編】へ続く⇒http://nikkan-spa.jp/597203

【ラモス瑠偉】
’57年生まれ。現役引退後は沖縄かりゆしFC、柏レイソルコーチ、東京V監督、ビーチサッカー日本代表監督を歴任。7年ぶりにJの現場復帰

― [今年のサッカーはJ2が面白い!]これだけの理由【1】 ―




おすすめ記事