デジタル

海外旅行でスマホが使えることのメリットは?

海外で利用できるスマホサービスにもバリエーションが増えてきた今、一体どれを使うべきなのか。旅先で賢くモバイルするための極意を最新事情と併せてお届けする!

⇒【前回】『海外でのスマホ使用、ベストチョイスはモバイルルーター』http://nikkan-spa.jp/633147

◆旅先にスマホがあるとなぜ幸せになれるのか?

★便利すぎる「マイマップ」機能

スマホ(イメージ写真) 海外の街中でスマホが使えることの最大のメリットは「地図が見られる」こと。「地図くらいガイドブックの中綴じを破って持っていけば十分」という意見もあるだろうが、「現在地」がわかるのはスマホならでは。慣れない土地でタクシーに乗ったときも、本当に目的地に向かっているかどうかが一発でわかるのは、精神衛生上、たいへんよい。

 また、グーグルマップには「マイマップ」という、任意の場所を登録できる機能があり、これは旅行好きのユーザーの間では必須。行きたいショップや観光スポットは出発前に、片端から登録しておこう。グーグルマップのバージョンアップにより、デフォルトの「マップ」アプリではマイマップが見られなくなってしまったが、Androidでは「Google Maps Engine」という純正アプリ、iPhoneでは「MapsEngine Viewer」という有料アプリを入れることで、マイマップが参照できる。

★海外でも日本のテレビが楽しめる!

 いま、テレビ好きの間で話題を呼んでいるのが、ソニーのBDレコーダー5機種が対応した「外からどこでも視聴」という機能。同社が提供する番組表アプリ「TV SideView」の有料拡張機能(500円)を導入することにより、ネットに接続できる環境なら、どこでも日本のテレビが観られるのだ。自宅のレコーダーに録画したコンテンツを観ることも可能。どうしても気になる番組があるときや、日本に帰ってから「浦島太郎」状態になりたくない人にとっては嬉しい機能だ。

 無論、この機能を使用するには対応レコーダーを購入する必要があるが、いずれはネットワークレコーダー「nasne」にも対応したいとのことで、実現すれば価格的なハードルは大きく下がるだろう。ちなみに、動画視聴した場合のパケット通信量はハンパないので、Wi-Fi環境下での視聴が強く推奨される。

取材・文/SPA!編集部
― 海外旅行でスマホを使い倒す技術【3】 ―

SONY ブルーレイディスクプレーヤー/DVDプレーヤー BDP-S5100

スマートフォンやタブレット端末で、多彩なコンテンツをスマート に楽しめる「TV SideView」




おすすめ記事