エンタメ

ポール公演中止で思わぬ余波「映画は中止しません!」

 周知のとおり、ポール・マッカートニーの日本公演(5月17、18、21、24日)は、ポールの体調不良によってすべて中止になってしまった。SPA!編集部でも4人ほどがチケットを買っており、ショックを隠せないもよう。

「私は18日に会場に行っていたのですが、開演の70分前になって中止が発表されました。ご高齢だから仕方ないですけど……。地方から来てた人は気の毒ですよね。帰りに新宿に飲みに行ったら、鹿児島から公演のために来ていた人と会って、語り合いました」(SPA!編集部員)。

◆急遽企画された応援試写会まで中止に……

 行き場を失ったポール愛が渦巻くなか、急遽、「応援試写会」(21日、東京・汐留)なるものの開催が発表された。24日に封切られる映画『ニューヨーク・アニバーサリーライブ』の第1弾、『ポール・マッカートニー  グッド・イブニング・ニューヨーク・シティ』をホールで試写し、みんなでポールを応援しようと、配給・宣伝会社が企画したのだ。

 ポールの公演チケットや公式SNSの招待画面を提示すれば無料になる、映画で流れるライブ楽曲をみんなで合唱……といった粋なはからいだった。

 ところが、この試写会が発表されるやいなや、問合せなどが殺到。キャパ150人の会場では大混乱が予想されるとして、こちらも急遽、中止になってしまったのだ。

 SNSには、企画に感謝しつつも「映画でさえポールに会えないなんて」と悲嘆に暮れる声も……。

◆「映画は中止しません!」と絶叫コメント

TOHOシネマズ日本橋の副支配人、斎藤弘明さん

TOHOシネマズ日本橋の副支配人、斎藤弘明さん

 そんな中、5月24日から全国の映画館では予定通り『ポール・マッカートニー グッド・イブニング・ニューヨーク・シティ』が公開される。

 TOHOシネマズ日本橋の斎藤弘明・副支配人は「映画は予定どおり上映します! 中止いたしません!!! ぜひ劇場へ足をお運びください」と、絶叫コメントを寄せてくれた。

 この『グッド・イブニング・ニューヨーク・シティ』は、2009年7月にニューヨークの新しい野球場「シティ・フィールド」で行なわれた3日間のライブを映像化したもの。

 3日間で10万人を動員し、33曲を歌ったポールのライブをひたすら撮った155分にわたる映画だ。ゲスト参加したビリー・ジョエルとの共演シーンもみもの。

 今回の日本公演の代わりと言ってはなんだが、シティ・フィールド公演を追体験することで、くすぶるポール愛を少しは燃焼できるかも!?

●映画公式サイトはコチラ http://nylive.jp/paul/index.html
●セットリストはコチラ http://nylive.jp/paul/playlist.html

 ちなみに『ニューヨーク・アニバーサリーライブ』とは、ニューヨークを象徴する会場で行われた4つのライブを映像化したシリーズである。ポールに次いで、ビリー・ジョエル(@ジェイ・スタジアム)、サイモン&ガーファンクル(@セントラルパーク)、ボン・ジョヴィ(@マディソン・スクエア・ガーデン)のライブ映画が、この6~7月にかけて順次全国公開される。

●公式サイトはコチラhttp://nylive.jp/

 アーティストに何があっても映画は中止しない――いやぁ、映画って本当に素晴らしいもんですね~と、故・水野晴郎さんの口調で言いたくなる。

NY ANNIVERSARY LIVE -ニューヨーク・アニバーサリーライブ-

映画「NY ANNIVERSARY LIVE -ニューヨーク・アニバーサリーライブ-」公式サイト

<文/日刊SPA!編集部>




おすすめ記事