R-30

やたらと『キュレーション』乱発…誤用で恥かくIT用語

 IT用語は横文字やカタカナが多く、なんとなく知的で最先端な雰囲気で一般人も多用しがちだ。

IT用語「バイラルメディアのはやりたては、やたらとキュレーション(情報を再編集して、新たな付加価値をつけて発信する行為)と言うやつがIT業界にも多かったけど、先日、業界外の知人が『私はキュレーション能力の高い人しかTwitterでフォローしない』と自慢げに言うので、さぞかしインテリばかりをフォローしているのかと思ったら、その日のランチや自分の洋服の写真をアップするキラキラ系芸能人ばかり。意味わかって使ってる?」(29歳・情報)

「突然サラリーマンの知人に『オレもオウンドメディアが欲しいんだが、どうやって作ったらいいんだろう』と相談された。確かに『オウンドメディア=自分が所有するメディア』だけど、企業のHPとか広報誌のことだからな!」(32歳・IT)

 カタカナ言葉乱発に誤用まで入ると目も当てられないので要注意。

 また、IT業界ではないが、ネットスラングの多用も一般社会ではドン引きの対象。

「『草生えるwww』『草不可避』などのネット用語をリアルの会話で使う人はイタい」(28歳・IT)

「知ってて当然」だと思ってる言葉も、外に出ればドン引きされることもあると知るべし、である。

取材・文/小山田裕哉 鈴木裕子 古澤誠一郎 藤村はるな イラスト/大ハシ正ヤ
― マニア間では“知ってて当然な”用語の基礎知識【13】 ―




おすすめ記事