雑学

洗濯機、食洗機、コーヒーメーカーで料理を作ってみた

時として、決まりきった使用方法を無視して予想外の使い方をする人々がいる。果たしてこれらはイノベーションなのか、無謀な行為なのか?そんな「意外な使用方法」を集め、検証してみた。

◆食洗機で調理する強者に胃薬が創出するインドの味

「オムレツがふわふわに」(30歳・女)、「炒飯がパラパラに」(44歳・男)など、乳化した油が作用し、調味料としてではない機能を発揮するのがマヨネーズ。一方、調味料ですらないのに、妙な効果を発揮するものも。それは、「太田胃酸」。

「カレーの隠し味に投入すると、本場の味わいになる」というのは複数から得た証言だ。

カレーの隠し味がまさかの胃薬!? 料理で役立つ“意外なモノ” そして、調理器具も「専用」のものがなくたってどうにかするのが「代用品派」の逞しいところ。

 ただ、「ガスコンロのグリルでトーストを焼く」(37歳・女)との意見には頷けるが「食洗機で魚を調理する」(40歳・女)には驚きだ。

「魚をアルミホイルで防水して投入、水温を70℃にすれば茹であがる」とのこと。焼いたほうが早い気も。

 また、「料理を日持ちさせるため圧力鍋を使う」(30歳・男)との証言も実は、科学的根拠に基づくもの。

「加圧調理はある程度、耐熱性の細菌を殺せるので、冷蔵と組み合わせれば食品の長持ちが期待できる」(神奈川工科大学澤井淳教授)という。まさに「料理は科学」だった。

◆コーヒーメーカーで→お手軽料理が作れるがお手入れはしっかりと
⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=979527

コーヒーメーカーで→お手軽料理

コーヒーメーカー

 コーヒーメーカーは蒸らして沸かす機能があり、料理に使用できる。粉を入れる部分にブロッコリーなどの野菜、コーヒー受けには鮭などの切り身魚に下味をつけて入れる。4~5人分の水量でスタートすれば、簡単プレートの完成。味は後で好みに調節しよう。

◆洗濯機で→野菜やタコの脱水に使える!?
⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=984107

「脱水でキャベツの水切り、塩水でタコを洗えばヌメリ除去できる」(35歳・女)と聞き、実験。確かに、自動かつ短時間で作業が終わるのはラクだが……。洗濯槽の汚れが野菜に付着しそうだし、逆にタコのヌメリや生臭さが衣類に付着しそうで、実用的とは言えない。

◆たこ焼き器で→シュウマイ、エスカルゴ、アヒージョ……と盛り上がる!
⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=979560

たこ焼き器

アヒージョ

 昨今、関東での売り上げが関西を抜いたとも噂されるたこ焼き器。さっそく、エスカルゴ、シュウマイ、魚介をオリーブオイルとガーリックで熱したアヒージョを試作。シュウマイはカリカリで蒸したほうがよさそうだが、全体に特別感漂う宴が楽しめておすすめだ。

◆炊飯器で→ホットケーキを焼けるけどフライパンのほうが早そう
⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=979563

炊飯器で→ホットケーキ

ホットケーキ

 いろいろ作れると評判の炊飯器。簡単にできるというのでホットケーキを焼いてみた。タネを作って釜に入れ、スイッチオン。待つこと20分弱。開けるとタネは液状部分が残る。再炊飯したが、完全には固まらず。できなくはないが、フライパンのほうが確実かも。

※この特集は巷の声をもとに検証したものです、これらの使われ方を推奨するものでありません。
― あの商品の“意外な”使われ方 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事