ケント・ギルバート氏、米国人弁護士だから見抜けた「日弁連新副会長」の正体!?

日弁連副会長に異例の外国籍

 日本弁護士連合会(日弁連)は3月8日、15人いる副会長の1人に韓国籍の白承豪(はく・しょうごう)氏(神戸セジョン外国法共同事業法律事務所代表)を選出した。外国籍弁護士が副会長に就任するのは、日弁連が1949(昭和24)年に設立されて以来、初めてのようだ。任期は4月1日から1年間。

日弁連副会長に選出された白承豪弁護士(神戸セジョン外国法共同事業法律事務所ウェブサイトより)

 白氏は1962年、韓国ソウル生まれ。5歳の頃に交通事故でトラックに引きずられて右腕を失い、何度も手術を受けたそうだ(コリア国際学園特別授業、2015年11月5日より)。その後、父親の仕事の都合で1974(昭和49)年に来日し、1985(昭和60)年に琉球大を卒業。1990(平成2)年に8回目の挑戦で司法試験に合格し、1993(平成5)年に弁護士登録した。現在は兵庫県弁護士会所属で、2017(平成29)年度には兵庫県弁護士会の会長を務めた。外国籍で県弁護士会長就任も初めてのことであった。  日弁連の副会長は代議員会で選出されるが、弁護士資格の要件や日弁連の会則に国籍の規定はない。神戸新聞によれば、兵庫県弁護士会や近畿弁護士会連合会の推薦を受けたとのこと。副会長の任期は4月から1年間で、人権擁護、国際人権問題、海外の法曹団体との交流、死刑問題などを担当し、来年4月に京都で開かれる「国連犯罪防止・刑事司法会議」(コングレス)の準備に当たるそうである。

在日コリアン弁護士協会(LAZAK)元会長だった

 ところで、白氏は2012(平成24)年に、在日コリアン弁護士協会(LAZAK)の代表も務めている。この在日コリアン弁護士協会(LAZAK)とは、どのような団体なのだろうか。  この白氏と彼が会長を務めたLAZAKについて、米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏は、昨年10月に出版した『米国人弁護士だから見抜けた 日弁連の正体』(育鵬社)の中で次のように言及している。 ********************************************  在日コリアン弁護士協会(LAZAK)は2001年5月に設立された組織で、在日コリアン弁護士及び司法修習生が参加する団体です。創立当初わずか20数名だった会員は、今では120名を超えているそうです。「在日コリアン」というのは、韓国籍・朝鮮籍だけでなく、帰化して日本国籍を取得した者と、二世や三世も含まれるとのことです。  LAZAKのウェブサイトに、設立趣意書が掲載されていますが、日本に対する攻撃的な姿勢を明確に打ち出した驚くべき内容です。 「日本国家は、在日コリアンが19世紀後半から20世紀前半にわたる日本の朝鮮半島に対する侵略と併合により日本における生活を余儀なくされた存在であるにもかかわらず、戦後もその責任を全うせず、むしろ一貫して、在日コリアンが固有の民族として矜持をもって日本社会で生きていくことを否定し、日本社会に同化させるかさもなくば排除するという政策を堅持してきた。  このような同化・排除政策は、基本的には現在も踏襲されており、在日コリアンの尊厳は尊重されず、その多くは日本の政治過程から排除されたままである。かかる状況を放置する日本の政府、国会、裁判所の三権の責任は厳しく問われるべきである。」  日本は戦前、当時日本国だった朝鮮半島や台湾などの人々に対して、民族の差別なく日本国民となるように同化政策を行いましたし、戦後も在日韓国・朝鮮人の日本国籍の取得に門戸を開いています。だからといって、彼らの民族性については否定も排除もしていません。  LAZAKは、「その多くは日本の政治過程から排除された」と主張していますが、日本の政治に参加したければ、日本国籍を取得すれば、韓国系日本人および朝鮮系日本人いずれも、民族性を保ったまま参加できます。  まさか、日本国籍を所得せずに、外国籍のまま日本の政治に参加させろということでしょうか。もしそうであるならば、あまりに無茶な言い分です。  また、LAZAKは在日コリアンの人権に関わる訴訟の支援だけでなく、日本の教育現場で日本人教師が「日の丸」(国旗)の掲揚や「君が代」(国歌)の斉唱に反対して処分された事件の訴訟や、靖国神社への韓国人合祀の取りやめを求めた戦後補償事件にも取り組んでいるそうです。  日本の先住民であるアイヌの人々についての「アイヌ基本法」にならい、在日コリアンの民族的人権の保障と差別撤廃を実現する「在日コリアン基本法」の制定に向けても活動するということですが、見当違いも甚だしい。  LAZAK元代表の韓国・ソウル出身で韓国籍の白承豪弁護士は、弁護士会としては初の外国籍会長として、2017年度から1年間、兵庫県弁護士会の会長を務めています。 ********************************************

アメリカでは弁護士に宣誓式がある

 またケント氏は、外国籍の弁護士について、「アメリカの場合、弁護士になる時には宣誓式があり、アメリカの憲法および法律を支持することを宣誓しなければ、弁護士にはなれません。日本と違って、アメリカでは『宣誓』という文化が根付いているのです。アメリカの市民権を獲得する際にも、アメリカに忠誠を誓う必要があります。」と述べている。  外国籍として初めての日弁連副会長となる白氏の今後の言動に、注目していきたい。 文/育鵬社 山下徹
米国人弁護士だから見抜けた 日弁連の正体

日弁連はいったいどこの国の弁護士会なのか? 誰の人権を守ろうとしているのか? 日本の弁護士が言えなかった「日弁連の闇」に米国人弁護士がメスを入れる! 北村晴男弁護士推薦! !

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事