ある仲間との・・・

『パイパンてモテるんだよ!!』

『そうそう。流行りだよ!!知らないの?やばくない?』

まさかそんなくだらない嘘に騙されるわけがあるか・・・と思っていたのだが、すでに私と友人の口車に載って二人の男がパイパンにした。

バカだよ・・・。

でもあたしはそーゆーノリのイイ人好きだなー。

とか思いつつも心の中ではこいつバカだーってニヤついてしまいました。

↑あたしイヤな女だね。

以前自分の知り合いでアイスホッケーの選手がいて、彼はパイパンであるとココに書きましたが、それ以来彼と私は意気投合してしまい(笑)、それからしょっちゅう会う中になった。

類は友を呼ぶってヤツですかね?苦笑

そして我々は共通の仲間までをパイパンにした。

最近の若者は、こうゆう事にあまり抵抗がないらしい。

しかしゴメスさんが言っている事も納得ですよ。

いつまでも貴重な存在であって欲しい。

特に女の子はね。

だってあたしみんながみんなパイパンだったらしないもん。

ただし男の子は別。

あたし彼氏とかにはできればパイパンになってほしいんです。

だって・・・

口の中に毛入るのイヤだもん。

だからゴメスさんもパイパンにしてっ♡♡♡

↑思わせぶり

2010.06.11 |  1件のコメント

PROFILE

田母神智子
田母神智子(たもがみともこ)
1986年5月22日生まれ。ギャル雑誌『Ranzuki』や『ES POSHH!』でカリスマ読者モデルとして活躍後、現在は恋愛コラムニストとして活躍。著書に『iS THIS LOVE?』(ミリオン出版)。愛称は“たもちん”
IS THIS LOVE ? 〜10代と20代、恋愛の違いと男事情〜
IS THIS LOVE ?
〜10代と20代、恋愛の違いと男事情〜
恋愛コラムニストとしてのデビュー作。恋する女の子に贈るちょっと過激な恋愛コラム本。

“ある仲間との・・・” への1件のコメント

  1. スラッシュ より:

    たもちん、めっちゃ上手そうやね(*^_^*)うらやましいなぁ♪ホッケー友達

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


一 − 1 =